続々廃車?? 京成電鉄 3300形

続々廃車?? 京成電鉄 3300形

前々からささやかれていた赤電、青電と呼ばれている京成電鉄の3300形が廃車になるという話、段々現実味を帯びて来ました。

そういえば、この夏までは京成千葉線に頻繁にやって来た3300形の姿を、最近はあまり見かけなくなりました。

昨年の京葉線の201系や房総の113系の廃車から、とんとんと廃車が続きます。これからはピッカピカのアルミ車しか走らなくなる?

久留里線のキハに続いて、また身近な車両が消えてしまう・・・乗る楽しみも見る楽しみも無くなります。

3300形

京成千葉線は、探せば花が咲くポイントがあちこちにあって、春から夏、秋にかけてが撮影シーズン、菜の花は沿線に良く咲いています。

3300形

この踏切近くのポイントに立って撮影していると、よく地元の人に声かを掛けられます。

3300形

このグレーブルーカラーの3300形は、以前、3日連続で走ったこともありましたが、最近は見ないなぁ・・・

3300形

ファイアーオレンジは遠くからでも走っているとわかるので、チラッとでも姿を見たら、一目散に自宅に帰り、カメラを持って出ます。

普段から、カメラを持って歩けばいいだけの話ですけど。

3300形

3300形のこち亀車両、京成千葉線ではたった一回しか出会えませんでした。

さすがに、電車に興味がない人でも、この電車が来たときは、足を止めて見ていましたね。

これだけの車両がごっそり無くなると、ちょっと寂しい感じがします。

3500形

もう一年、春夏秋冬走ってくれると、新しい撮影地で撮影できるのに、ちはら線では全然撮影していないので、現在撮影地を開拓中。

ファイアーオレンジなんかだと、この大俯瞰で撮影しても目立つと思うので、待ち構えているんですが、やって来ません。

3300形のあとは、何が無くなるとかとまた心配になる・・・・3500形は当分走ってほしいと思います。