さらば青電

さらば青電

昨日までのC61騒動も終了して、銚子も佐原も東庄町もいつもの静けさに戻ったことでしょう。

ここ何日もC61の記事ばかり書いていたのですが、その間に、京成電鉄から3356編成、通称青電の引退が発表されていました。

最近は、3000形に混じって、3500形と3300形が交互に走っていた京成千葉線ですが、青電の運用は少なくて、年末年始で見かけたのは2回きりです。

これで、いよいよさよならになる青電、寂しいですね。

青電

すでに、京成電鉄からは、ラスト数日分の運用時刻表が発表されていました。

本線であまり撮影していなかったので、本線で撮影したかったのですが、もう運用はほとんどないみたいです。

青電

それなら、夜間まで粘れる地元で撮影するしかない、千葉線と千原線は数日運用されるようです。

ほんとは、桜の時期まで走ってくれればいいなとは思っていました。

青電は、京成稲毛の桜並木とツーショット出来ていませんから。

青電

もうすぐ菜の花が満開になる撮影地もあるけれど、間に合いそうもありません。

千葉線なら撮影地はいくつかありますが、今の時期は殺伐とした風景に中を走る青電になってしまいます。

青電

今回のさよなら撮影は、編成ではなくて、もっと俯瞰で撮影したいのですが、そういう場所はあまり見つからないのですね。

また、地図とにらめっこか??

青電

千葉急行の遺産とも撮影したいのでが、金網が邪魔になるかも・・・

本千葉の駅からだと、意外ときれいに撮影できるかもしれませんが、返しを撮影するには、待ち時間が長くて大変そうです。

千葉中央駅で待つと、京成津田沼、ちはら台のどちらからも40分前後で戻るはず、ここが一番効率が良いかもしれないですね。

身近な路線なのに、さっと撮影地が浮かばない、やっぱり、グーグル先生に聞きつつ、地図とにらめっこするしかなさそうです。

しかし、青電にさよならして、他の3300形がいつまで走るのか心配になってきました。

立て続けに廃車にしないで欲しいわ・・・・

青電さよならの後は、いよいよやまどりが来ます。

やまどりは、いつもは山間部を走っているので、外房、内房をぐるっと一周する間に、どこか海が見える場所で撮影したいな・・・と思ってます。

京成電鉄の青電運行予定表はこちらです。