もうひとつの初撮りと謎の文字

もうひとつの初撮りと謎の文字

正月2日に成田まで185系と宴を撮影しに行った後、京成と新京成の撮影にも行きました。

目的は、京成の3300形と新京成の新年ヘッドマーク付き。

新年のヘッドマークは撮影できませんでしたが、3300形は撮影できました。

でも、千葉線の撮影にはちょっと難点があって、千葉駅近くの撮影地はほとんど津田沼に向かって左側にしか立てないので、冬場のこの時期には顔が影になります。

でも成田まで行った後で遠くの撮影地に行く気がしなかったので、近場の撮影地で済ますことにしました。

千葉駅で快速を降りたときにはすでに午後2時近く。

撮影場所まで歩くとすでに午後2時も過ぎて、冬至が過ぎたとはいえ、まだ日暮れは早くてもう西日になっていました。

8000形

まずは、松戸~千葉中央直通7周年記念のヘッドマーク付き。

記念切符も同じデザインでしたね、もう売り切れたんでしょうか????

8000形は車内に扇風機がある車両なので、なんとなく慕情を掻き立てられて好きです。

昔ながらの椅子もいい感じ、それにピンクですしね。

3300形

3000形やN800形を何本か見送った後、3300形が通過。

3300形の車内は、ピンクを除けば8000形と似ている気がします。

成田に行かなければ、一日この3300形を追っていたはず。

直通7周年記念ヘッドマーク

目的の8800形が来ないなと思ったら、直通7周年記念ヘッドマーク付きの8000形が松戸に帰る時刻です。

日向でヘッドマークを撮影したかったので、ちょっと遠くで狙うと、白とびしてました。

このヘッドマークの続きは10周年でしょうか???来年は無いですよね。

その後もひたすら新年ヘッドマークを待っていると、3300形がちはら台からご帰還。

3300形

すぐ横を通過したので、あわててシャッターを切ったらどアップに・・・

運用番号がLED表示でないと綺麗に写っていいですね。

この後もしばらく新年ヘッドマークを待ち続けましたが来ない・・・

それで、電車と電車の合間の時間に場所を移動しました。

3300形

移動してすぐに3300形が津田沼から戻って来ました。

顔に陽が当たる場所でシャッターを切ったら、やっぱり遠かった・・・

午後の撮影は場所を考えないとダメですね。

この3300形がちはら台から戻る頃は、日も落ちてきっと撮影は難しくなる時間。

新年最初の3300形撮影はこれで終了です。

お腹もすいてそろそろ帰ろうかと思い、カメラを片付けようとふっと上を見上げたら、架線柱に文字を発見。

架線柱

松本さんって誰????

以前ここに立った時は気がつきませんでした。

いつ書かれたんでしょう????

この架線柱が松本さん???

謎の名前です。

いつまでこの名前がここに残るのか、それはそれでこれからのお楽しみになりそうです。

さて、この数日は段々空気が冷たくなって冬らしくなってきました。

風邪をひかないように気をつけないといけませんね。

明日から又団臨の撮影かな・・・でも撮影したい車両がなかなか来なくて出かける意欲がわかないです。