黒猫と芝山鉄道

黒猫と芝山鉄道

やっと梅雨らしい天気というか、雨が降ってくれました。

しかし、千葉モノレールで外出したときは傘のお世話にはならず、大きな傘を運んだだけでした。

今、千葉モノレールでは俺妹のパスケースを販売していますね。

持って歩くのはちょっと恥ずかしいけれど、数量限定だったのでとりあえずゲット、2種類あって、まだ完売していませんでした。

今日は俺妹モノレールの運行予定をチェックしていなかったので、せっかく千葉公園を通っても撮影はなし。

代わりに、千葉駅で芝山鉄道を見かけたので、京成千葉線に出かけることにしました。

京成千葉線まで行くと、今日はずっと黒猫がお伴、いつも見かける猫なんですが、懐くわけでもなく、少し離れた場所で寛いでいました。

3500形芝山鉄道

猫が毛づくろいを始めたので、そのままそっとしておいて、電車の側面が撮影できそうな場所に移動します。

いつものB53で3500形芝山鉄道車両が登場。

それにしても、車両側面の緑の芝山鉄道は、シールなんでしょうか??

シールなんでしょうね、シールついでに、車体のブルーラインをグリーンラインに変更してほしかったですね。

正面にはSRの文字も付けてほしかったりするし・・・・

3500形芝山鉄道

いつも夕日撮影に来る踏切ですが、目の前の空き地に家が建ち始めました。

向こう側の土地は線路より数メートル低いので、さほど気にならないかな?と思いますが、冬場の夕日の当たり具合はその時になってみないと分かりませんね。

それにしても、近ごろの家は建つのが早いなと感心します。

建築関係の友人の話だと、最近の家屋は土台も何もかもパーツで出来ているので、現地に運んでさっと組み立てるだけということでした。

実家の離れを漆喰と木で建てたときは、20坪で1年もかかったことを思うと、驚異的な早さです。

早く建った方が、早く住めてよいかも。

3500形芝山鉄道

西登戸駅に停車中の3500形、この西登戸駅先に、京成のカレンダーの撮影に使われた場所があります。

カレンダーをよく見ると、あそこだねとすぐわかる場所です。

さて、今日はこの3500形更新車以外は、またまた3000形だけという日でした。

それなら、この成田空港ラッピングをなんとか横から撮影できないものかと考えて、いつもの鉄橋まで行ってみることにしました。

3500形芝山鉄道

横と言えば横なんですが、なんかイメージと違ってて、ラッピングされていることだけはわかりますね。

やっぱり、本線で撮影しないと無理かな・・・・・

このラッピング芝山車両は千原台まで行ってしまうので、戻ってくるのは1時間後。

3000形

これからどうしようかとうだうだしていたら、津田沼行きの3000形が通過しました。

このまま鉄橋通過のチーバくんラッピングを待っていてもよかったのですが、傘が役に立たないくらいの細かい雨が降り出してきたものだから、あわてて退散です。

傘を差さなくてもしばらくは大丈夫ですが、気がつくとびっしょりと濡れているというやっかいな雨でした。

それで、今日の撮影はもう諦めて帰宅、家の門を開けたとたん、雨足がひどくなってきたので、家の中にかけ込みました。