最後の青電 京成千葉線

最後の青電 京成千葉線

青電の最後の撮影地は、ホームグランドにしました。

ぶらぶら線路沿いを歩いていれば、京成と新京成が交互にやってきます。電車が見えればレンズを向ける、近所なので装備も軽くして、散歩がてらの撮影です。

知り尽くした地域なので、電車の通過時間になれば、近くで撮影に適した場所に立ち止まりました。

一応、夕日の中の青電を狙ったのですが、明日は雨ということなので、西の空には雲が多く、思っているような夕焼けにはならないようです。

それでも、もしかしたらと?と期待を込めて夕日が当たる場所に移動することにしました。

3500形

途中で出会った3500形、3300形と一緒に京成千葉線を走ることはめったにないので、今日はラッキーかも。

すでに、夕方近くなので、あまり人影もなく、近所の人達が犬の散歩をさせたり、買い物帰りなのか大きな手荷物を下げた人が足早に歩くばかりです。

最終日にしては、ずいぶん静かな日曜日でした。

8000形

まずは、光の加減を見るために新京成の8000形を撮影してみます。

雲がなければ、真っ赤な夕日が向こう側に見えるはずでしたが、雲に隠れてなんだか中途半端な太陽です。

反対側でも撮影しましたが、光の当たり具合が弱くてインパクトがないため、逆光狙いで撮影することにしました。

青電

あと20分くらい遅くて、雲がないと、真っ赤な夕焼けバックになるのですが、これはこれで良いかな。

青電は、午前中は混雑していたのかもしれませんが、この時間は混雑していませんでした。

この後、青電は40分くらい戻って来ないため、もう夕焼けは期待できず、この場所から移動します。

次の通過は午後5時を過ぎるので、家の方角に向かいました。

65周年HM

今日もやって来た65周年記念HM付き、松戸まで行くと、もう千葉線には帰って来ないと思われます。

8800形よりひげ付き8000形の方が好きですね。

青電

場所を移動するまでもなく、青電がやって来ました。

これが本当に最後の青電の雄姿、よく乗りましたね。

最後に乗ったのは、一月でした。

明日は、早朝、津田沼を出て上野へ行き、そして上野から芝山千代田まで走り、芝山千代田から成田まで帰って終わり。

その後は、宗吾車両基地に入るのでしょうか。

一度宗吾車両基地を見学したいと思っているのですが、これを機会に行ってみようかな・・・

帰宅すると、なんだか脱力感・・・・

さらば青電でした。