雪の日恒例 京成千葉線 雪と8000形

雪の日恒例 京成千葉線 雪と8000形

朝起きたら、外は雪景色でした・・・・・

千葉で雪が降るのは珍しいので、さっそく撮影の準備に入りました。

北海道ではマイナス30度になったとかで、そりゃ寒いでしょう。

でも人間はマイナス20度を超えると、それ以上はあんまり変わらないと思います。

寒いという感覚より痛いというか、日本がものすごく寒いと感じるのは、セントラルヒーティングでないから。

雪対策がしっかりしていない道が多いので、車が使えずそのまんま外出しないといけないため。

大量に食料の備蓄が出来ないのも問題かも・・・・

アメリカで、牛一頭分の肉が入る冷凍庫を買わないかと勧められたことがありましたが、日本の家屋ではおけないなあ・・・・・

向こうでは皆地下室やガレージに巨大冷凍庫を置くので、日本では無理ですね。

0度くらいになると、みなさんTシャツ一枚で日向ぼっこしていたりして・・・・

日本人は皆フリース着込んでいるのに、慣れというのはすごいものだと感じました。

さて、雪が降れば京成千葉戦へ。

前回の雪の日は、ターボくんが走ってくれました。

今回の目当ては8000形。

雪と8800形

つるんつるんになった踏切を、皆バランスよくわたっていきます。

踏切が鳴って、8800形が通過。

この時間ものすごく降雪していたのは千葉だけだったようです。

雪と8000形旧塗装

千葉中央方面から目当ての8000形が来ました。

いい感じで雪が降ってくれましたね。

雪と3000形

せっかくなので、もう少し待ってみようか・・・・

でも来たのは3000形。

3600形が入っていればな。

近場なので、あんまり防寒対策さをしてきませんでした。

そのため身体が冷え切ってしまい、ここで退散。

ますます雪はひどくなるしで、帰宅することにしました。