3500形 ラッピング芝山鉄道車両いらっしゃ~い

3500形 ラッピング芝山鉄道車両いらっしゃ~い

3300形のリバイバルカラーが引退した頃、3600形グリーンベルトの芝山鉄道車両のSR文字が消えて、芝山鉄道プレートも通常の京成プレートに変えられました。

あれを見た瞬間、ありゃりゃ・・・と思いましたね、芝山鉄道車両が消滅しちゃったんですから。

でも、芝山鉄道のホームページを良く見ると、所属車両が3600形から3500形に変更されていました。

あれから何度も京成千葉線へ撮影に行きましたけど、芝山鉄道車両を見かけたことはありません。

今日は、成田国際空港ラッピングの芝山鉄道車両が京成千葉線に入ったので、夕方、4両編成が増加する時刻を狙って撮影に行くことにしました。

3500形芝山鉄道

千葉中央行きの新京成と京成が交代する時間ぎりぎりに行ったら、予定通りの時刻に芝山鉄道車両が通過。

でもこれだと何がなんだか分かりませんね・・・・

ラッピングされているのは、成田国際空港の見習いヒーロー、クウタンです。

3500形未更新車

今日の京成千葉線は3500形のオンパレード、線路沿いに歩いていると、3500形ばかり通過します。

一編成くらい3300形が入っても良いのでは??なんて思いながら未更新車にレンズを向けました。

昼間はB51かB53で3500形や3300形が運用されますが、夕方になると確かB59、B55、B15も4両編成で運行されるはず???

芝山鉄道車両が運用されたB53編成は、午後5時前に千葉駅を発車し津田沼へ向かいますが、その後は、1時間以上も戻って来ないので、その間はひたすら待つのみです。

3500形未更新車

夕日があたる踏切で待っていると、3500形が来るわ来るわ・・・・

ちなみに、この時間帯の3000形6両編成は上野行きでした。

3500形更新車

通常は10分置きにやって来る電車も、午後5時台になると、運行時間の間隔が不規則になって、本数が減ります。

電車も来ないし暇だしで、近くの坂道を行ったり来たりして時間をつぶしましたが、1時間は長かったですね。

しかし、徐々に太陽が沈んでいってしまい、一番光が回りやすいこの踏切も、段々と光のまわりが悪くなってきました。

さぁ、早く来い来いと待っていると、ようやく踏切が鳴りだします。

3500形芝山鉄道

ようやく3500形芝山鉄道車両のB53がご帰還。

何故成田国際空港のラッピングかというと、今年で開港35周年だからです。

成田国際空港にもずいぶんお世話になりましたけど、いつも第一ターミナルから飛ぶ航空会社を利用しているので、第二ターミナルへ行ったことがない・・・・

最近は、成田から国内の空港へ飛ぶ国内線も充実してきたので、利用し易くなりました。

この成田国際空港ラッピングの芝山鉄道車両を見送って、ぶらぶらと家へ向かって歩きます。

3500形更新車

まだ来た3500形更新車。

待っていれば、まだまだ3500形が通過するのですが、暗くなってきたので、今日はこれでおしまいです。

次回は、このクウタンの芝山鉄道車両と、総武各停の夏バージョンのチーバくんのツーショットを撮影したいですね。

芝山鉄道のホームページはこちらです。

成田国際空港のホームページはこちらです。

そういえば、側面のラッピングには、色々なメッセージが書いてあって面白かったです。