最後の京成3500形未更新車による千葉線動揺検測

最後の京成3500形未更新車による千葉線動揺検測

今日は節分で、数年前に間違って節分の日に成田山新勝寺へ行ってしまったことを思い出しました。

あの日もすごかったけれど、今日はもっとすごかった・・・・きっとあの参道を下れないはず、今川焼きだって食べられないほど混雑していたはず。

最近は、恵方巻などというものが流行っています。

コンビニが流行らせたとかいう話ですが、元は大阪の赤線の女性たちがルーツだと聞いてますね。

あれをくわえて、道端にズラッと並んでいたそうで・・・・寒い中ご苦労様ですって感じでしょうか。

まあ、節分の大豆だけでは商売にならないので、うまいこと売り出しました。

スーパーに行ったら、丸ごとヒレカツ恵方巻っていうものを見かけましたが、あれは・・・ナイフとフォークがないと食べられないと思います。

さて、一昨年くらいから廃車廃車と噂されてきた京成の3500形未更新車ですが、とうとうこの2月で廃車になることが決定しました。

もう一度金町線に入ったら撮影に行こうと思っていたら、そうだ今月は検測の月じゃないか、ということで様子を見に近所の千葉線へ。

月始めの1、2、3日が水曜日だと翌週に検測するというケースが多いのですが、今月は一日の水曜日に検測が行われました。

3500形未更新車S73

チラッと、運用番号S73を表示させて、3500形未更新車がやってきました。

急行灯も見えます。

京成動用検測

順光になると、せっかくの急行灯が見えません。

それにしても、この日はずいぶんたくさん人が乗車しているように見えますけど・・・

3500形未更新検測車と3000形

上りの3000形とツーショット。

こういう場面も見納めですか。

この後は、千原線へ向かった3500形未更新車。

追っていくか、それとも津田沼方面に行くか・・・時間もさほど余裕がないため、ホームの時刻表とにらめっこです。

で、結局色々と電車の時刻と格闘したうえ、残ることにしました。

千葉駅ビル群と3500形未更新車

千葉線っぽく、千葉駅のビルを入れて縦位置で。

今は平日、休日ともに昼間の4両編成運用がないため、こうした構図はこれっきりかも・・・・

3500形未更新車千葉線動揺検測

前回の未更新車の検測を撮影できなかったので、この日の最後の最後の3500形未更新車の検測が撮影できてよかったです。

未更新車が試運転表示をつけて走るのはこれが最後。

丸目がいなくなると寂しいものですね。

最後の3500形未更新車を見送って、そのまま千葉駅に移動。

京成からJRの駅のホームへ行くと、3番線に赤字試運転。

DE10-1704試運転

木更津常駐機のDE10-1704でした。

煤けて黒かった車体はまあまあ綺麗になっていましたが、番号プレートにはまだ黒いすすが残ってましたね。

返しもどこかで撮影しようと思っていましたが、レンズを変えたくて一旦帰宅。

駅に戻ると、内房線が人身事故で遅れています。

そうなると、木更津に行くのはやめた方がさそうなので、近場へ。

DE10-1704試単

青堀の事故の遅延の煽りをくらって、試単の返しも遅れました。

そのせいでE217 系がちらっと向こうの方に・・・・

20分ほど遅れたDE10-1704は、無事に木更津に戻ったようでした。

これで撮影は終了。

3500未更新、金町線運用に入らないかな・・・・・