鹿島貨物 ウォッチ

鹿島貨物 ウォッチ

鹿島貨物がEF65からEF64に変更されると聞き、何番のEF64が来るのか、そのローテーションが知りたくて近所の陸橋に通いました。

最初は、しばらく貨物が停車する東千葉駅に通おうかとも思いましたが、朝が早い、しかも平日のラッシュ時に電車に乗らないといけないので、これはパス。

根が怠けものなので、歩いて行ける陸橋の上で貨物が通過するのを待つことにしたのです。

スポンサードリンク

横を通過する路線バスの運転手さんにじろじろ見られながら、ひたすら陸橋の上で鹿島貨物の通過を待ちます。

EF641014

日差しを遮るものが何もない陸橋なので、ここへ来る前に必ずこの近くのコンビニでスポーツドリンクとお茶を買いこみます。

そうしないと、干上がってしまって気を失いそうになります。

EF641047

本当は、横の斜面から撮影すると、架線もなくきれいに撮れるはずなのですが、斜面なので立てません。

ものすごーく高い脚立があれば、横の道路から撮影できるかも。

EF641049

この陸橋からの撮影の難点は、同じ角度、同じ位置でしか撮影できないこと、架線をよけるとどうしてもこの絵ズラにしかなりません。

この撮影は、翌日、何番の機関車が鹿島に向かうのか知るためだけなので、毎日というわけではありませんが、記録用にと週に3、4日は通いました。

EF641016

東京方面で何かあると、定刻通過ではすれ違わないNEXや217系と、ここですれ違います。

鹿島貨物は、うやにならない限り、ほぼ定刻通りここを通過していきます。

EF641044

たまに、こんなきれいに洗車されたて機関車もやって来ます。このEF64 1044はピッカピカでした。

EF641023

きれいな機関車がくれば、こんなちょっと汚れ気味の機関車もきます。

武蔵野線が不通になると、鹿島貨物は運休、途中、何らかの理由で遅延している場合は、東千葉や佐倉で停車する時間を省いて、定刻に到着できるよう運行されているようです。

貨物撮影なら、この陸橋より西千葉駅のほうがいいかな、停車中の貨物なら、東千葉か佐倉で撮影できます。

スポンサードリンク