EF66-33と鹿島貨物EF65原色

EF66-33と鹿島貨物EF65原色

貨物の予定表をチェックしたら、今日は千葉貨物にEF66-33がやって来て、鹿島貨物からEF65-2121原色がやって来ることがわかりました。

しかし、千葉貨物と鹿島貨物、しかも時間がかなりずれるので、どうやって撮影しようかなと考えて、まずは千葉中央港でEF66-33を撮影することに。

曇天でしかも風が強いため、港にはほとんど人影はなし。

時々港湾警察署から人が出てきますが、すぐに署内に戻ってしまいます。

貨物線も3隻と少ないし、タグボートも係留されていないので、港はほんとに寂しい感じでした。

最近港湾のあちこちで工事が始まり、あまり車で港の奥まで入れなくなりました。

いつもの撮影ポイントは工事中だったので、仕方なく港湾警察署側に車を止めて、寒い中じっとEF66が通過するのを待ちます。

255系

ただじっと待つのにも馴れてきましたが、毎度EF66通過後にやって来る255系が、EF66通過前に姿を見せたので、これにはさすがにあせりました。

ここでEF66がやって来てしまうと絶対被る・・・・・

それだけは避けたいと、ひたすら255系が早く通過してしまうのを願うばかりです。

EF66-33

EF66-33は少しだけ遅れたようで、255系が通過しきった後すぐに来ました。

真後ろのコキにコンテナが載っていなかったので、まるで単機のように見えます。

それにしても最近33番は良く見かけますが、27番は来ないですね。

33番を見送って、どうせならこの後の桃太郎も撮影しようと、そのまま港に留まることにしました。

イソヒヨドリ

港に着いてからずっと鳴き声には気が付いていましたが、桃太郎を待っている間に姿を見かけたのでパチリ。

以前はこの港で姿を見なかったイソヒヨドリでした。

EF210-170

イソヒヨくんにしばらく遊んで貰っていたら、桃太郎の通過時間になったので撮影場所に戻ります。

今日の桃太郎は170番でした。

この千葉中央港は千葉ポートタワーからかなり近い場所にあるんですが、最近千葉ポートタワー辺りを震源地とする地震がちょくちょく起きているんですね。

大きな地震が来たら怖いかも・・・・

さて、港の撮影はこれで終了し、一旦車を置きに自宅へ帰りました。

次の鹿島貨物をどこで撮影するか・・・かなり悩むところです。

NEX

近くの陸橋、千葉駅・・・色々考えましたが、久しぶりにモノサクに行くことにしました。

千葉駅前で買い物もあるし、かなり遠回りのついでです。

機関車の顔が綺麗に撮影できれば良いと思い、駅の近くで待機。

EF65-2121

この時間の鹿島貨物は、たいてい成田空港行きの217系と逆被りになるんですが、今日は217系が先に通過してくれたので、すっきりとEF65を撮影できました。

原色は残すところあと2カマ、一昨日も2121番が来ましたから、今週は原色を撮影できる確率が高かったですね。

今日の予定はこれにて終了。

帰りの快速は11両だったせいか、すごい混雑してました。