雨でも暗くてもEF65-2139ヘッドマーク付き

雨でも暗くてもEF65-2139ヘッドマーク付き

秋雨前線停滞のせいで、毎日お天気がすっきりしません。

真田丸はいよいよ関ヶ原・・・・は、あっさり終わってしまったのね。

信繁さんが参加していないので、結果だけ報告でした。

関ヶ原の西軍側、三成の居城だった佐和山城は、少なからず来年の大河ドラマ井伊直虎にも関係します。

関ヶ原の合戦に勝利した家康の家臣井伊家は、最初この佐和山城に入城しましたが、夜な夜な三成が出るということで彦根に移ったという話も・・・・・

あくまで噂の域を出ない話ですが、三成もさぞ無念だったでしょう。

それにしても、せっかく家康が留守にしてくれたのだから、今から皆でウナギを食いに行くぞと浜松かもっと先の駿府まで、どうして西軍はさっさと進軍しなかったんでしょうか??

日本の半分を西軍に取られれば、家康側についた豊臣恩顧の大名も西軍に戻ったかもしれない・・・

上杉もさっさと加勢に来たかもしれないし、真田も合戦に加わったかも・・・

合戦は勢いが大事なので、西軍がもと家康の領地だった三河、遠江、駿河まで奪ってしまえば、情勢はかなり変わったと思いますね。

兵士をそろえることはできても、効率的に動かすことができなかった三成達の作戦負けでしょうか。

さて、日曜は、EF65-2139が鹿島貨物の運用に入ったという事で、さあ出かけようか・・・と思ったら雨・・・

家の用事もあったし、PCのリカバリーも残っていたしで、撮影に出たのは夕方でした。

NEX

EF65-2139がここらを通過するころには真っ暗になっているはずなので、顔だけ狙える場所へ。

帰りの電車の事も考えて近場にしました。

いつもかっ飛ぶNEX、こういう時に大雨だったらかっこ良いですけど。

255系しおさい

千葉駅発の255系しおさいが通過するころには、ずいぶん暗くなってました。

雨は降っていなかったので、それはそれで撮影は楽でしたね。

255系しおさい

銚子からやってきたしおさいが通過するころには、かなりまずい感じ・・・

ただ、踏切が近く、踏切で車が停車すれば、車のヘッドライトで多少明るくなるかなと期待しました。

でも、あと少しでEF65-2139が通過するというときに限って、雨が大降りになってくるし、ものすごく暗くなるし・・・

EF65-2139鹿島貨物

踏切のナトリウム灯も役立たず・・・

なんとなくEF65-2139で、なんとなくヘッドマークでした。

雨でずいぶんぼやけた感じ。

次回は蘇我に入ってほしいです。