青い田圃とEF64-1046

青い田圃とEF64-1046

危険な外来種としてヒアリが話題になっていますが、あのコンテナ船は一度千葉に来ているということで、千葉にはいないのかどうか。

ヒアリにも天敵はたくさんいるそうですが、例えば蜘蛛、そしてアリの天敵はアリ。

在来種のアリがヒアリを攻撃する可能性が高いそうなので、むやみに在来種のアリを駆除しないようにすることが大切なんだとか。

実際、他国では在来種のアリが頑張ってくれたおかげで、ヒアリの定着率がものすごく低くなっているそうです。

良く神社などで目にする日本のアリの巣は、土盛りがなく平坦な地面に入口の穴が開いているタイプ。

ヒアリの巣は土盛りがされて、アリ塚状態になるので、このタイプの巣をみかけたら自治体に連絡したほうが良いでしょう。

巣がないとき、パッと見てヒアリか在来種か見分けるのは大変難しいようです。

さて、鹿島スパイラルにはまったようなEF64-1046でしたが、2回しか鹿島貨物に入らず抜けたようでした。

その2回目を青々とした田圃中で撮影すべく、暑い中田園地帯へ。

EF64-1046

機関車の後ろのコキがずっと空でしたが・・・・

夏空と田圃で、雰囲気はまあまあでした。

255系特急しおさい

数分待つと、銚子行の255系と特急しおさいも通過します。

これらの稲もあと数週間もすば穂が出てくるかも・・・・

この周囲の田圃には、アメリカザリガニがたくさんいて、近くを歩くとぽちゃんぽちゃんと音をたてて逃げます。

それが面白くてちょっと田圃の周りを歩いたりして・・・

アマガエルもたくさんいたし、田圃は楽しい。

E217系

虫やカエルを遊んでいても暑いだけなので、そろそろ駅へ。

乗りたかったE217系の快速が横を通り過ぎていきます。

静かになった田園にオオヨシキリの甲高い声が響きますが、まだ子育てしているのかな???

この辺りにはホトトギスも来ているので、托卵されているかもしれないですね。

NEX

暑くて早く歩けず・・・

もうすく日影というところでNEXが通過。

ようやく駅についてもすぐに電車に乗らず、一本見送って冷たい飲み物で体を冷やしました。

この日の気温以上になったら、ここで撮影するのはきつそう。

夏場は大人しくしているかな・・・