猫と貨物と・・・・・

猫と貨物と・・・・・

夕方、久しぶりに大きな揺れが来て、びっくりしました。段々揺れが大きくなっていく地震は、勘弁してほしいな、あれは心臓に悪すぎ・・・・

今日は、昨日予想を外した鹿島貨物の1050番が来るはずなので、再挑戦。

でも、一時台だったか、二時台だったか忘れてしまったため、またまた、JRと京成千葉線を往復することになりました。

JR千葉駅から京成千葉線までは歩いて5分、鹿島貨物の通過を待つ間、京成の撮影もできるという、好立地条件の撮影地です。

EF641044

やって来た一時台は、1044番、ということは、二時台が1050番のはずなので、次の通過までの一時間は、京成電鉄を撮影することにします。

3300形

行きつけの撮影地に到着すると、すぐに踏切が鳴りだし、いきなり3300形が走って来ました。

このカラーの3300形が走っているなら、青電や赤電は走らないですね。

8800形

ミカンと8800形、毎年たわわに実が生るミカンの木、手を伸ばせば届きそうですが、甘いのかな???

3500形

今日は、トランスフォーマー顔の3500形も走っていました。

行き先表示がLEDじゃない電車は良いなぁ。

猫

3500形が行ってしまい、しばらくすると猫が姿を現しました。

この京成の線路付近には、何匹か猫が住んでいて、お互いに顔を合わせないよう、うまく時間をずらしては線路上に出てきます。

この猫が姿を消すと、すぐに黒猫が線路に出てきました。

8000形

ここでは、民家の門の向こうに電車が走ります。

電車が見える場所に住んでいるなんてうらやましいです、自分は踏切近くに住みたいですね。

この新京成の後、3300形が帰ってきて、今日走っている電車は一通りチェックしたので、次の鹿島貨物を撮影するため、JRへ戻ります。

ゆっくり歩くと通過時間に間に合わないので、 ひたすら早足、一息つく間もなく、鹿島貨物がやって来ます。

EF641050

やっと来た来た1050番、1050を見るのも、撮影するのも初めてです。

これで、鹿島貨物のローテーションが少しわかってきました。

次回の鹿島貨物は、都賀の陸橋で撮影しようかな・・・・