関東鉄道 水海道車両基地公開イベント 展示車両

関東鉄道 水海道車両基地公開イベント 展示車両

関東鉄道の水海道車両基地の公開イベントがあると聞いて、展示車両を見ようと思い出かけました。

もしかしたら水海道駅から歩けるかな??と思っていたら、駅からはかなりの距離、歩くのはあきらめて向かえの送迎バスに乗り込みます。

水海道の車両基地は想像よりかなり広く、開場の10時ごろに到着したときには、すでに物品販売に長蛇の列が出来ていました。

まずは「常総線開業99周年記念乗車券」を買うために、長蛇の列の最後尾に並びます。

しかし、切符だけ買おうなんて甘い、あれもこれも手にとってレジに並ぶと、かなりの出費、でもこれも一年に一度のことだと思い、両手に袋を持って物品販売の会場を後にして、車両見学に向かいました。

キハ2300

キハ101も目立っていたけれど、この笑顔の車両もとても目立っていました。

綱引き用の縄をつけられて、これから人対列車の綱引きです。

一度でいいから、このまま走って欲しい・・・

キハ101

体験乗車をしていたキハ101、99周年の記念ヘッドマーク付きです。停車中は自由に出入りできました。

関鉄キハ

ブルーのキハ2両、これも珍しい組み合わせです。

空

車両の周りは人で一杯なので、人を入れないで撮影するとこんな風に・・・・空が青くて良かったです。

車両勢ぞろい

でも、空ばかりではせっかくの車両カラーがわからないので、サイドから撮影すると、こんな感じできれいに車両が並んでいます。

5000形にはヘッドマーク、残念ながらここにキハ101は並びませんでした。

DD502

これが見たくてやってきた、DD502です。外観はかなり荒れていますが、まだ動くのかな??運転席に入れるようステップが付いています。

次回は、DD502に何か引っ張らせてほしい、動くDD502が見たいものですね。