最高気温37度で撮影

最高気温37度で撮影

オリンピックを見ているので、毎晩夜更かし・・・

競泳はメダルもたくさんとっているしで、うれしい限りです。

カヌーの銅メダルとか、おおっと驚きとともにおめでたいメダルもありで、テレビ観戦が止まらない・・・

オリンピック不眠症の上に、最高気温が38度に届きそうだった昨日、ちょっとだけ撮影に出たら、ふらふらになりました。

下から上から炙られ、周りから熱風で干されて、体中の塩分が抜けきったような感じです。

ブラジルは季節が反対、夜になるとそれなりに涼しいということで、体力的には楽なのかも。

そろそろ体操の個人も始まりますが、オランダの選手が飲酒の規律違反でチーム追放、祖国へ強制送還。

厳しいなあと思ったら、この選手は過去にも規律違反があったということで、堪忍袋の緒も切れたということでしょうか。

他国の選手には色々あるようですが、日本の選手は無事にオリンピックを終えて帰ってきてほしいです。

さて、暑い暑い日、前日に銚子まで送り込まれ、チキ返空を終えた木更津常駐のDE10-1751が木更津まで帰るというので、近くまで撮影に。

DE10-1751

駅から近いはずの場所なのに、歩くのにいつもの倍の時間がかかりました。

片道だけですでにヘロヘロ・・・・

しばらく日蔭で休憩し、通過直前に陸橋へ。

撮影を終えたら、また日影に戻り水分補給しました。

本当は、この後内房へ行こうかと思っていましたが、この暑さのため断念。

帰宅したら頭がクラクラして、エアコンをつけてしばらくお休み状態でしたね。

E257系特急わかしお

夕方、前日撮影できなかったEF65-2139がやって来るので、今度もまた陸橋へ。

夕方になってもまだ35度近くもあったため、本当に暑かった・・・・・

一本だけというのも寂しいので、この時間上り下りとよく通過する特急も撮影。

まずは特急わかしおから。

EF65-2139

わかしおの後はEF65-2139。

顔はまだまだきれいでしたね。

E257系特急さざなみ

最後は、朝夕運行の特急さざなみ。

これだけで夕方の撮影も終わり。

ほんと、夕方になっても暑かったです。

帰宅すると頭がいたい・・・熱中症の一歩手前という感じでした。

体の保水力を維持するためには、筋肉をつけることが必要だそうです。

特に上半身に筋肉がついていないと、保水力がなくなるため、熱中症になりやすくなるとか。

筋トレしなくては・・・・・