昨日の千葉貨物と今日のローピン

昨日の千葉貨物と今日のローピン

野球界が大変なことになりそう・・・

とはいっても、昔の黒い霧事件は詳しくないので、今回と比較はできません。

でも、芋蔓式にまだまだ名前が出てきそうですが、某球団は一軍ではないので処罰の対象にならないと明言しているようです。

一軍ではないと処罰の対象にはならないものなんですか。

週刊誌側ではすでに他の事実も把握しているとかで、どこまで真実が出てくるのか、この先の記事に注目ですね。

さて、たまにはネタ釜が来なくても撮影に行こうと、昨日は千葉貨物を撮影。

久しぶりに蘇我をうろうろしましたが、置きっぱなしになっているコンテナの信通区って何???

ってことで調べたら、信号通信区のことでした。

でも、千葉信通区は廃止されたはず・・・・???

あれは名残というものでしょうか。

EF65-2081

蘇我へ行く前に、8685レを撮影。

EF65-2081でしたが、あのドア窓周りの色塗りは・・・・

同じば番号のカラーがなかったんでしょうが、すごすぎる。

このEF65-2081を撮影してから蘇我へ。

EF210-13

EF210-13の岡桃到着。

すごくゆっくり降りてきました。

そして相変わらず面白い票が付いたコンテナがたくさん。

この後運ばれてきたタキを見て、もう一度撮影地を移動することにします。

EF210-117

いつもは最後尾についていることが多い銀タキですが、この日は比較的前方についてましたね。

機関車はEF210-117でした。

そして、やはり目当てのEF66ですが、単機だし、陸橋でもよかったかなと思いつつ、線路際の紅葉を入れて撮影することにします。

EF66-30

まだ紅葉途中でしたが、なんとなく赤い葉っぱを入れてEF66-30を撮影。

余計なものもたくさん入りましたが、他に紅葉の場所を思いつきませんでした。

この日の撮影はこれで終了。

こうやって千葉貨物を撮影している間に、EF81-81がロンチキを運んでいたとは知らなんだ・・・

ということで、日が変わり、ロンチキ返空を撮影するため小岩へ。

EF81-81ロンチキ返空

いつもの陸橋ではなくて、この日は鉄橋で撮影。

EF81-81の顔には日が当たりましたが、太陽の位置が微妙な季節になりました。

セイタカアワダチソウだけが元気そうな河原です。

川からの風は冷たく、EF81-81が行ってしまうと、早々に退散。

EF81-81

ローピンは、すぐに単機で回送されてくるので、川を挟んだ対岸で回送を撮影するべく移動。

雲が多い空だったので、晴れたり曇ったりを繰り返します。

EF81-81が来たときには曇りがち・・・・

もともとカラーがでにくいのに、さらに変な色になってしまったEF81-81。

これでこの日の撮影は終了。

プチ遠征の時短撮影でした。