雨の中で小ネタを撮影

雨の中で小ネタを撮影

関東の梅雨明けはまだまだ遠そう・・・

南関東には良く降るけれど、北関東には降らないので、取水制限の度合がどんどん上がりそうです。

中東では、ロシアがアメリカ駐留基地を攻撃したとか、すわ、WWIIIの始まりか?とはいかないでしょうけど。

なにせ、あの戦争の後ろだては色々複雑で、敵の敵は友達とか、昨日の友は今日の敵とか、デモンストレーション的なことも起きているそうで、何とも奇々怪々・・・

来週は、都知事投票、続いてリオ・オリンピックと大きな行事が目白押し。

そういえば、あの元県知事のプロファイルには野村総合研究所顧問、東京大学公共政策大学院客員教授と書いてありますが、東京電力社外取締役は省いてあった・・・

なんとも姑息な人物ですね。

岩手県は、あの知事がやめた後、借金が倍増していたとか。

こういうのは自治体トップとしてなんだかなあ・・・・

そもそも、あの中から選べというのは、拷問に近いような気もします。

さて、雨の木曜日、その雨の中、ぶらぶらしながら小ネタを撮影していきました。

EF65-2094

カーブから姿を現した時、今日は空コキしか運ばないのか????と勘違いするほど後ろは空。

なので、こうやって顔だけ撮影が一番だったかもしれないEF65-2094でした。

A540

気が付くと、1番線に2編成めの黄色い山手線が入線して出発を待っていました。

このA540にはまだ乗った事がありませんが、A520と同じでしょうね。

1番線入線だと、後追いしか撮影できずで残念でした。

E217-Y1

この後の予定を確認していると、E217系のY-1編成が来ると分かり、しばらく待ちました。

顔割れしているのは、この千葉方面の顔だけ、東京方面の連結する側は割れていません。

このY-1は千葉駅に入線した後、いったん千マリに入ってしばらくお休み。

それで、回送の出発は待たずに鹿島貨物の撮影に向かうことにします。

EF64-1019

トランシーの白箱がなかったため、このカーブでもギリギリ後ろまで写りました。

EF64-1019もいつまで走ることやら・・・

顔もずいぶん汚れてきましたね。

次は単線かなあ・・・

鹿島貨物を撮影し終わって、千葉駅に戻ると、あのY-1が入線する時間でした。

でも、次は久里浜行きになるため、ホームにはたくさんの人、それで、撮影はあきらめて千葉モノレールの撮影へ。

モノちゃん号

この日から絵柄が刷新されたモノちゃん号。

ノモちゃん号は、全検のため今月はずっとお休みなので、モノちゃん、ノモちゃんが並ぶのは来月以降ですね。

モノちゃん号

車両が変わってしまったため、行先がLED表示になってしまいました。

前の編成のほうがよかったかも・・・

広告がとれたのはよかったかな。

ずっと雨は小降りになったり、強くなったりを繰り返していました。

小ネタの撮影も、この後の貨物が最後。

EF65-2139

最後はEF65-2139。

陸橋の上は、風が舞って前からも後ろからも雨が拭きつけ、結構大変でした。

夜の蘇我へは行こうとおもっていなかったので、お手軽撮影地で済ませることに。

2回たて続けに蘇我ピストンに入ったEF65-2139ですが、3度目の正直はあるのかな????

この日の撮影はこれで終了。

しっかり濡れてしまい、すっかり体が冷えてしまいました。