EF65-2139かもつヘッドマークとDE10-1603木更津ロンチキ工臨

EF65-2139かもつヘッドマークとDE10-1603木更津ロンチキ工臨

10月になっても30度超えで、しかも天気もどんより、台風まで来るので、全然撮影意欲がわかず。

気が付くと、今週でようやく日本ではサンダーバードのシーズン1が終わりますね。

長かったなあ・・UKではもうシーズン2が始まるというのに。

新しく発表されたシーズン2のプレビューには、昆虫型のロボットとか出てきて面白くなってきそうな予感でした。

自分としては、シーズン2以降も勧善懲悪にならないことを祈るばかりですね。

インタ-ナショナル・レスキューという名前通り、レスキューに徹してほしいところですが、シーズン2に出てくる悪役がどういう人物かわかりません。

シーズン2はおそらく10月の最後の週くらいから放送が始まるようなので、放送が始まれば予告がネットに上がるでしょう。

それを見れば、シーズン2がどういう展開になるのか、少しはわかるかも、わかりたいですけど。

さて、天気がよくない毎日ですが、例のヘッドマーク付きが蘇我に入るということで、ずいぶん前になってしまいましたが撮影に。

でも、それだけ撮影するのはもったいないので、蘇我で午前中に撮影できる貨物を狙いことにしました。

EF210-2

まずは、久しぶりの岡桃EF210-2。

2番は久しぶり、後ろの貨物は・・・・スカスカでした。

EF210-136

ほぼ入れ違いに出ていく桃太郎のEF210-136。

満タンのタキを引き連れて、重たそうに京葉線への坂を上がっていきました。

EF65-2091

こちらはお変わりなく・・・・

スカスカの1091レ、機関車はEF65-2091でした。

最近、8685レのタキと機関車が蘇我駅構内に到着するのが遅くなったようで、EF65-2091が到着しても、まだ8685レの担当機関車が来ていませんでした。

それとも、この日だけスペシャルに遅かったのか????

EF65-2139HM付き

やっと到着したEF65-2139。

前回は鹿島貨物で、雨でしかも夕暮れで暗いときに撮影したっきりでした。

明るいところで見ると、貨物にかけて、かもめヘッド―マークでしたか・・・・ダジャレ????

これも、関西風に言えば、きっとオチがあるんでしょうけど・・・・

EF65-2139

この頃ちょうど雨が降っていて、それならいっそ土砂降りのヘッドマークにならないかと期待しましたが、小雨で終わりました。

どうせなら、中途半端な雨より土砂降りのほうが絵ズラが良いのですけど。

8685レを見送って、蘇我での撮影は終了。

このまま鹿島貨物の撮影に行きます。

EF64-1027

鹿島に入るのは2回目のEF64-1027。

顔にしみが・・・・

積載は良かったですが、相変わらず長距離機関車は汚れがひどいです。

雨はぱらぱら、何事も無く撮影は終わり帰宅しました。

この日の撮影はここで終わりではなくて、夜の工臨があるということで再度外出。

DE10-1603木更津ロンチキ工臨

木更津行きのロンチキの工臨でした。

DE10-1603とロンチキの工臨、しかも行先は木更津というのは初めてでしたね。

せっかくのロンチキなので、上から撮影したいとあえていつもの撮影場所へは行かず、跨線橋から。

後ろまでは見えませんが、夜の工臨らしくなりました。

内房なら、車で30分というところでしょうが、おかえりの際、16号線の渋滞には巻き込まれたくないので、おっかけはなし。

これでようやくすべての撮影は終了しました。

で、翌日はぐったり、その次の日もぐったりで撮影には行けませんでしたとさ。