今日の千葉貨物とケヨM7転削回送・EF65-2063 JR貨物30周年ヘッドマーク

今日の千葉貨物とケヨM7転削回送・EF65-2063 JR貨物30周年ヘッドマーク

秋の夜長はテレビドラマの時間。

ということで、スターチャンネルで再放送しているザ・パシフィックなど見ています。

ジュラシックパークの子役だったジョゼフ・マゼロは相変わらず良いですね。

彼は監督志望なので、最近は映画制作もしていて、日本では未公開ですが、アンドラフテッドというタイトルです。

タイトル通り、ドラフトを期待していたのに指名されなかった選手の話、とても良い話なので、ぜひ日本でDVDなり販売してほしいですけど。

アンドラフテッドは実話がもとになっているそうで、そちらも興味があるので調べてみたいですね。

家には見ていないBRやDVDが山ほどあるので、少しずつ見ないと・・・・

さて金曜日の恒例、千葉貨物チェック。

E233系と209系ケヨ34

1091レを待っていると、上総一ノ宮からケヨ34が戻ってきました。

朝一の外房直通電車ですね、最近このケヨ34をよく見るな。

EF65-2097

この日の1091レはEF65-2097。

金曜日にしては積載はまあまあ・・・・・

この1091レが到着するころには、たいてい8685レの機関車が蘇我構内に来ているんですが、この日は全然来ません。

ケヨM7転削回送

ようやく京葉臨海のKDが到着した頃、京葉線から武蔵野線ケヨM7が転削のため回送されてきました。

このケヨM7が外房線に向かうころ、8685レの準備も整った様子。

EF65-2092

その8685レのEF65-2092の出発を待って撮影。

黒タキか???と思ったら、も濃紺のタキがひどく汚れているだけでした。

千葉貨物の撮影はここまで。

買い物のため移動します。

ケヨM7千葉駅

買い物前に、千マリへ回送されるケヨM7をもう一度撮影しておきます。

そろそろケヨの転削も再稼働するかも???

ということで、ここで一旦撮影は終了し、夕飯の支度のため帰宅。

夕方、鹿島貨物の撮影に向かうことにしました。

今日の鹿島貨物にはJR貨物30周年ヘッドマーク付きが来ていますが、あいにく下りではヘッドマークがコキの連結側。

それで、上りの鹿島貨物を狙うため、まだ陽があるうちに撮影できる場所へ。

帰りの電車を考えると、撮影できる場所はかなり限られていますが、それでもギリギリ明るいうちに撮影できるかも・・・

鹿島神宮から千葉駅までの鹿島貨物の時刻は大体わかっているので、佐倉に入る前に撮影しないと今の時期はアウト。

EF65-2063 JR貨物30周年ヘッドマーク付き

つい今しがたまで日差しがあった場所ですが、数分で日影になってしまいました。

仕方がない・・・・一応記録ということで。

鹿島貨物に入ったという事は、そのうち蘇我にも来ることでしょう。

この後、快速で千葉方面に。

佐倉駅では前出しで鹿島貨物が停車していましたね。

鹿島貨物を追い抜いて、千葉駅に到着するころには、外は真っ暗になっていました。