大風で遅れましたの日鐵チキとモノサクの彼岸花と桃太郎代走など

大風で遅れましたの日鐵チキとモノサクの彼岸花と桃太郎代走など

最近、世界をまどわせた地図という本を手に入れました。

出版されて間がないのに、どこも品切ればかりでかなり探しましたけど、探した甲斐があった本です。

昔から、どこどこに宝の島があったとか、どこどこに呪われた国があったと色々な地図が作られ、それに魅了された人々が冒険に出ました。

もちろん、最初からありもしない虚像の国や島なので、発見できるわけもなく、それがかえって人を惹きつけたようです。

中にはグーグル先生にも載っていたという幻の島もあります。

サンディという島を、2012年に実際に調査したところ、グーグルマップには島の姿があるのに、あるはずの場所には深い海ばかり。

これは衛星のデータと古い地図との照合の段階で発生する問題なんだそうです。

また、ワクワクという島は、人の形の果実をつける木があると言われた島で、千夜一夜物語にも書かれているそうで。

このワクワク島、一説には日本のことだとも。

ワクワクという響きが倭国の発音に似ているということです。

もちろん、こんな島はありません。

さて、台風の影響で遅れに遅れた日鐵チキが新小岩に到着したので、越中島へ運ばれる日鐵チキを撮影するため新小岩方面へ。

DE10-1654

新小岩に到着すると、ちょうどDE10-1654が入換の真っ最中。

検査あけのピカピカDE10-1654でした。

入換で日鐵チキの連結されたことを確認してから移動。

東武亀戸線

カメラを出したところで、東武亀戸線ではオレンジと緑が並びました。

緑は回送です。

DE10-1654日鐵チキ

そして定刻にDE10-1654と日鐵チキが通過。

陽炎が出なくて良かったです。

日鐵チキを見送って、この日は総武本線方面へ移動。

やはり台風の影響でしょうか、EF64の代走にEF210が入ってました。

この代走を撮影するためモノサクへ。

EF210-163鹿島貨物代走

撮影できそうな彼岸花が見つからなかったため、秋の気配のススキを入れて撮影。

桃太郎が総武本線を走るのは久しぶりです。

後ろの白いトランシーでEF64の代走と分かるかな????

255系特急わかしおと彼岸花

どうしても彼岸花をあきらめきれなかったため、終わりかけた彼岸花をいれて255系特急わかしおを撮影してみました。

この日の特急わかしおは打ち上げ花火ラッピング、遠くてわかりませんけど。

モノサクの彼岸花は9月初めが見ごろだったようです。

これでこの日は撤収しようと駅へ。

彼岸花とE217系快速

途中、淡いピンクの彼岸花を見つけたので、E217系快速を待って撮影。

この彼岸花は白と赤のハイブリッドなのか、こういう種類なのか???

ともかく、撮影はこれで終了。

ぶらぶらと駅に向かって歩いていると、色づいた柿の実や、ススキなどが目にとまり、秋だなと感じました。

そういえば、最初に紹介した本ですが、ほとんどの本屋で品切れ状態が続き手に入りにくくなっています。

世界をまどわせた地図 伝説と誤解が生んだ冒険の物語

でも、11月下旬か12月には増刷されるということなので、それまで待てば本屋で買えます。

元となった地図もすべてカラーで載っていて、見ているだけでも楽しい本です。