東京総合車両センター夏休みフェア・展示車両

東京総合車両センター夏休みフェア・展示車両

京浜東北線に乗ると、大井町駅近くに見える東京総合車両センター、今日はここで夏休みフェアが開催されました。

さすが都内のイベントだけあって、入場時間前からすごい人の列・・・・

大井町の駅を出て、通路をぐるぐる回ってようやく入場待ちの列に着くと、すぐに開場時間になり、間もなく入場できました。

車両センターは、尾久、大宮と行きましたけど、大井町は地味なので全然ノーマーク、目当てはEF65でしたが、色々楽しめるイベントがたくさんありました。

大井町の東京総合車両センターは、山手線車両基地のようですね。

緑の山手線も停車していました。

駅から近いし、全体的にこじんまりしているし、あまり迷わず構内を歩けて、なかなか楽しかったです。

門をくぐると、真っ先に目に飛び込んできたのが試作機の901系、209系のプロトタイプのようです。

901系

説明によると、ライフサイクルコストの低減等を目指して1992年に製作されたのがこの901系。

この901系を元に、量産型の209系が製作されたようです。

確かに、顔は209系に似ていますね、でも若干違うかな????

そしてこのヘッドマーク、いすみ鉄道に貸し出されていたものが戻ってきたみたいですね。

客車、機関車を問わず試作機は全部901とナンバリングされていることがわかりました。

この901系を後にして、とにかく展示車両方面へ歩きます。

205系南武線

車両センターの奥にずらっと並んで展示されていた、今日の目玉である車両。

すごい近い距離に並んでいるので、少し後ろに引かないと顔が全部入り切りません。

これは南武線で活躍した205系。

南武線の車両基地ってどこだろ????

EF65-501と115系

EF65の500番台と115系。

貫通ドアがなくて、まゆ毛付きの500番台って、かわいいわ。

そして115系は訓練車なので、白ラインが入っていますね。

ヘッドライトもちょっと違う感じです。

今日の人気者はこのEF65と115系でした。

展示車両

どうがんばっても展示車両を全部入れて正面から撮影できなかったので、どうしようかと周りを見渡していたら、側面に良い感じの撮影場所を見つけました。

こうして、横から撮影するしか、全ての展示車両を画角にいれられません。

一番手前は埼京線の205系、埼京線の205系も、もうじき233系に置きかえられてしまいます。

屋外の展示車両はこの4種類だけでした。

それにしても、スカ色ってやはり良い色目ですね。

復活しないかな???

こうして展示車両の撮影は無事終了。

物販を覗きながら歩いていると、走る205系を目撃したので、撮影のため急いで移動しました。

205系鶴見線

鶴見線を走っていた205系。

鶴見線って、こんなやさしい色でしたっけ???

この205系では試乗体験が行われていて、かなりの人出でした。

しかし、ヘッドライトの位置が233系みたい。

試乗では、ものすご~いゆっくりとした速度で走ってくれたので、なんだかシャッターを切るタイミングが合わなくて、すごい困りました。

夏休みフェアでは、この他にも面白い展示が沢山ありましたけど、それはまた後日。

明日はイタメシ列車だい。