旧千葉駅・消える貼りもの

旧千葉駅・消える貼りもの

この日曜日に、長い間電車を止めずに工事をしてきた千葉駅の新駅舎が完成しました。

と言っても、一部まだ工事は続くようですが・・・

千葉市の中心は、実は現在の千葉駅付近ではなく、旧国鉄千葉駅辺りから中央公園まで。

千葉と東千葉の間から栄町を経て、パルコ前までですね。

あの辺は再開発も進まず、古い娯楽施設が残っていたりしますが、かなり閉店した店が目立ちます。

それに、いつの間にか駐車場になっていたり・・・

パルコが閉店したら、さらに寂れそうです。

そういう現状は市のほうも把握していて、色々活性化のための手を打ってはいますが、あまり効果もなく・・・

商業ビルを建てるか・・・と言っても、メディアバレーのように閑古鳥の末に閉店という事もあり得ますし。

難しいですね。

新千葉駅舎は鳴物入りで開業するわけですが、やはり馴染みのある旧千葉駅がなくなるのも寂しい限り。

そこで、旧千葉駅らしいものを撮影して残すことにしました。

まずは、階段の上り口に貼ってあった簡易路線図。

内房線路線図

簡単に駅名を見つけられる路線図は意外に便利でした。

これは内房線の路線図。

駆け込み乗車注意ポスター1

ニュースにもなった名物の駆け込み乗車注意ポスター。

人物の背後の電車は113系でしょうか。

外房線路線図

外房線の路線図。

シンプルな方が分かりやすい。

駆け込み乗車注意ポスター2

こちらは別バージョンの駆け込み乗車注意ポスター。

駅員さんもちゃんと描かれていますし、やはり電車は113系???

総武本線路線図

総武本線の路線図もありました。

初めて千葉駅に来ると、かなり迷うはずで、行先表示も大事ですが、こういった駅名が書いてあるものも、どこかに貼ってあると便利です。

駆け込み乗車注意ポスター3

113系だけでない、209系の駆け込み乗車注意もありました。

これは、新駅舎にも貼られるのかな?????

乗り場案内

通路に降りると、見慣れた乗り場案内板。

いつも何気なく見ていたのですが、これも新しくなってしまうんでしょうね。

ホームは、211系が消えたころからいろいろと変わっていますが、駅舎が丸ごと変わるのは今度が初めて。

これにあわせて、千葉市はクリスタル広場を新しくするそうで、今の千葉駅周辺はこれからも変化が続きそうです。