ふれあい鉄道フェスティバル 展示車両 2

ふれあい鉄道フェスティバル 展示車両 2

尾久ネタの続き。

とにかく展示物が多かったので、来年用の記録のためにも、もう少し写真を残しておこうと思っています。

機関車の他に、目立ったのが客車。客車って、どれも同じに見えて、全く区別がつかず、でも、細かい所をチェックすれば区別がつくようになる??かもしれない・・・でも、まだ全然区別できません。

千葉にSLが来ると、古い客車も連れて来てくれるので、おおっと思いますが、いつどこで何のために製造された客車なのかは分かっていません。

客車

やっぱり同じに見える、案内の紙によると、向かって右が24系出雲で、左が14系北陸のもよう・・・・

ブルートレインと言えば、昔銀河に乗ったことがあって、静岡辺りでよく止まったため、全然寝られなかったという思い出があります。

ゆとり

14系お座敷特急ゆとり。

昔は、「なごやか」とか、「やすらぎ」、「くつろぎ」と言う名前のジョイフル・トレインが走っていたそうで、脱力系の名前が多かったようですね。

このゆとりは、尾久車両センター所属なので、2008年に引退してからずっとここに置いてあるんだろうか???

検測車

このマヤ34検測車もすごいことになっていました。

EAST-iの先輩らしいですが、出窓がすてき、レストラン仕様とかにできればいいのにと思います。

客車

旧客車とだけ書いてあります。

確か、この反対側にはオープンデッキがあって、たいそう混雑していました。

オープンデッキがある客車は、この春C61と共に千葉にやってきましたね。

鳥海

鳥海と聞くと、まず思い浮かぶのが巡洋艦ですが、これは寝台特急かな????

この横で幕回しをやってました。

客車

鳥海の奥に止まっていた客車、これこそ何なのかさっぱり分かりません。

赤い旗がおしゃれ。

E655系なごみ

最後はE655系なごみです。

しかし、この顔見てなごめと言われても・・・・

何に似てるかな・・スターウォーズに出てくる異星人に、こんな顔したのがいなかったでしょうか、それともスタートレックだったかも・・・

どちらにしろ、宇宙人的な顔です。

列車関係の展示物は大体これくらい、一見同じものに見えても、実は違うという客車、来年のイベントまでにちょっと覚えておかないと、また混乱しそうです。