ふれあい鉄道フェスティバルとフォートナカイ

ふれあい鉄道フェスティバルとフォートナカイ

今朝起きたら、東海道新幹線が止まってました。

後でニュース映像を見たら、新幹線の屋根にくっきり人型・・・・あれはどうしたんでしょうね????

他に気になったニュースは内定取り消し裁判、大体、企業が負けるそうですが、企業は論点をもっと広げて調べればよいのではないかと思いますけど。

それと、募集50人に対して万人単位の希望者が来て困った話、採用試験を有料にしたら、ぐっと入社希望人数が減ったそうなので、これは良いアイデアかな。

それでも困ったら、統計に基づいた数値で簡単に、機械的に8割り9割りを落とせる方法もありますね。

自分もそういう試験を受けて、なんとか残って入社しました。

ただし、どこの企業でも同じ採用方法をとると、少ない人数を奪い合うことになるし、絶対的に入社できない人が出るので、あまりお勧めしません。

でも、こういう統計をもとにすると、学歴では採用しないので、いろいろな種類の人が集まって面白いとは思います。

企業はただ、身元調査と素行調査をするだけで終わり、どんな場合でも赤字戸籍は問題ですけど。

さて、今日は尾久で開催されたふれあい鉄道フェスティバルに行きました。

昨年は確か台風か何かで中止になっていますから、久しぶり???

ただ、フェスタの後にも予定が入っていたので、駆け足で会場を回りました。

485系ジパング

今回の目玉はこのジパング。

見るからに485系ですね、色を変えたらニューなのはな。

DD51-895

自分は、このDD51が好きですが、DEをDDに変えただけにも見えます。

毎年、ちゃんとヘッドマークを取り付けていろいろ演出してくれてますね。

人さばきが大変なので、付近の駅から沢山応援が来ていたようでした。

ヘッドマーク

ヘッドマーク、色々付いていました。

他にもEF81-81とかブルトレとかありましたが、それはまた後日。

この後会場をあとにして、いろいろ乗り継いで蒲生に向かいました。

蒲生駅近くのフォートナカイ、中井さんの新しいオフィスに行くことに。

ミニ踏切

中井さんのセミナーの特徴は、女性が多いこと。

ここでは、オリジナルのグッズやプリントが購入できるので、いっぱい買ってサインをもらいました。

しかし、よく考えると、サインをもらったクリーニングクロスはちょっと使えないですね・・・・・

フォートナカイのホームページはこちら。

これだけ人気のある写真家なのに、プリント代が安いのは、やはりデジタルだからでしょうか。

中井さんの作風なら、バライタ手焼きをしたらもっと写真がきれいに仕上がるのではと思います。

手焼きなら一枚として同じプリントはないし、もっと高額で売れるはずですが、なにせフィルムも印画紙もほとんどない・・・

フォートナカイ

ピッカピカの新しい建物で開催されたオープニングイベントでは、トークショーもありました。

色々と面白い話を聞けましたが、やはり、中井さんのもって生まれた感性が際立つような気がします。

セミナー

中井さんが今のような作風になった一因ということですが・・・・

確かに、電車の編成写真をもらっても、何も感動はないですね。

それに、写真以前に人としてどうかという問題もありますし。

中井さんのように、鉄道以外の話題も豊富なら一緒に居ても楽しいでしょう。

このトークショーが終わって、今日だけ販売された小サイズのプリントも買いました。

売れていて、あまり残っていなかったのですが、気に入ったプリントが買えてよかったです。

新しいオフィスは一見の価値ありでした。

夕焼け

帰りの電車を持つ蒲生駅は、夕焼けできれい。

デジタル時代になって、雑誌の写真の仕事は安価になり、しかも数が少なくなってきたようなので、写真家として身を立てるのは、現在はとても難しいようです。

だから、写真だけで生計を立てている中井さんには敬意を持ちますね。

色々な分野の写真家を知っていますが、本当に大変なようです。