EF64-1052とさよなら千葉運転区シークレット・イベント

EF64-1052とさよなら千葉運転区シークレット・イベント

昨日、目的不明のまま千葉までやってきたEF64-1052。

もしかしたら、ただの試単かも・・・と思いましたが、千葉運転区内で一夜を過ごしました。

一夜明けても、まだ目的は不明のまま。

わざわざ高崎所属のEF64を、千葉まで送り込む理由はいったいなんじゃろかいなと、もやもやしていたので、これは見に行くのが一番と早朝に千葉運転区へ出かけました。

ちょうど、サイクルトレインやらいろいろイベント列車が走る日でもあったので、ついでにと千葉から一駅の東千葉へ。

朝早いと、まだ209系が目隠しになっておらず、一人ぽつんと取り残されたように置かれたEF64-1052を確認できました。

このときは、周りに人もいないし、何の前兆もなかったので、そのまま千葉駅へ帰ることにします。

快速山梨ぶどう狩り号

とはいえ目的のサイクルトレインの撮影はイマイチ・・・

でも、10番線に快速山梨ぶどう狩り号を見つけました。

来週あたりからまたあわトレインの運用が始まるので、今度こそ乗ろう。

このあと、一旦帰宅してからもう一度千葉運転区へ。

その時、木更津DE10が木更津を出たと情報をもらいました。

さよなら千葉運転区イベント

いや、まさか、DE10-1752とEF64-1052が連結テストでもするのか????と思いますよね。

でも、千葉運転区が千葉運輸区に変更されるのを前に、さよならイベントが開催されていました。

これは完全にシークレット・イベントですが、何故にEF64-1052????

ヘッドマークはさよなら千葉運転区というものでした。

さて、次は、あのEF64-1052の返却回送ですが、本当に時間がはっきりしません。

だけど、ちらっと情報をいただいたので、その時間に千葉駅で待つことにしました。

EF64-1052東千葉出発

シークレットだけあって、撮影者も少なめ・・・・

予定より少し遅れてEF64-1052が東千葉から出てきました。

このまま黒砂信号所まで行って、しばらく停車するので、その間に移動。

EF64-1052と209系

黒砂から戻ってきたEF64-1052を後追い。

高崎車がここを走ること自体珍しいですね。

EF64-1052は蘇我経由で内房線へ。

それを追いかける前に、朝撮影に失敗したサイクルトレインを撮るため移動します。

サイクルトレイン

上総一ノ宮まで往復してきたサイクルトレイン。

毎年かなりの人が乗っていますね。

脱力系駅長犬のヘッドマークも変わらないです。

さて、EF64-1052は内房線の姉ヶ崎でユーターンして京葉線に入ります。

それで、次は京葉線へ。

E233系とEF64-1052

E233系と並んでくれたEF64-1052。

時間通りだと、京葉線車両とは並ばないんですが、遅れて来たため、こうして並びを撮影できました。

EF64-1052京葉線

ハイビームで入線して、ハイビームで去っていくEF64-1052。

もしかしたら、二度とここでEF64-1052を撮影できないかもしれないので、今回は貴重な機会でした。

EF64-1052を撮影する目的はこれで終了しましたが、今日は、ヘッドマーク付きのEF66-33が蘇我に入っていたので、もう少し待ってEF66-33を撮影してから帰ることにします。

EF66-33

全然すっきりしない天気・・・

EF66-33の通過前に雨が降ってきました。

でも、久しぶりに貨物を牽くEF66を撮影です。

今日は、早朝から夜までバタバタの撮影ですっかり疲労気味・・・・

撮影でご一緒したみなさん、お疲れ様でした。

明日は・・・・・どないしよ。