E001系四季島・常磐線試運転

E001系四季島・常磐線試運転

ニュースは今日も豊洲ばっかりで辟易・・・

要は、盛り土でなくてもオッケーならなんで隠しまくっていたのか、どうして予算が膨大になったのか。

どうして構造計算が現物と合致していないのか、入札金額が予定価格の99.9パーセントなのか、とかが問題ではないのかと思いますけど。

豊洲市場の建築費は、市場関係者からのお金だけで賄うそうなので、税金は使わないと都から発表されています。

よかったですね、都民のみなさん。

それとは逆に、20億円前後で建築できるはずの障害者施設の予算を、80億円から90億円と見積もって、挙句、足りないからと国にお金をせがもうとしているのが神奈川県です。

まずは保育施設を充実させたり、学校、橋、道、公共施設などや他のインフラの耐震化とか、優先すべきことが山盛りだと思いますけど。

あの団体に気を使う理由があるんでしょうか???

豊洲の件とは違って神奈川県のほうは県民の税金が湯水のごとく使われるので、見積書を公開してもらったほうが良いかもよ。

国民の義務をちゃんと果たしている県民の声は聴くべきかも。

さて、シキシマと聞くと、パンとしか思い浮かばない自分・・・・

昔、敷島のパン工場へ見学に行ったことがあるので、どうもパンが頭に浮かびますね。

でも、四季島は、JR東日本が肝いりで造った豪華客車。

その四季島が常磐線で試運転するということで、一度は話題の電車を撮影しようと出かけました。

EH500-57

何時に通過だったのかうら覚えだったので、確認をしていると、後ろをEH500-57、金ちゃんが通過。

仙台車は撮影機会が少ないので、久しぶりに金太郎を見かけました。

東海道線直通

常磐線は、乗る機会も多いですが、大体、金町から我孫子までの間。

東海道線直通で品川まで行ってみたい、でも用事がない・・・・

E657系

すっかり御馴染みになった常磐線の特急E657系。

水戸から先へ行くには、これに乗るのが一番良いでしょう。

EF65-2138

EF65-2138も通過。

随分顔が汚れています。

さて、そろそろ・・・・という時になって、この日は武蔵野線で非常ボタンが押され、いきなり発車したばかりの快速が駅の先100メートルちょっとのところで緊急停止しました。

まずいじゃん・・・と思ったら、武蔵野線だけ止まっていて、常磐線はすぐに動き出しましたね。

E001系

四季島がやってきました。

ヘッドライトの光が快速車両の側面に反射して綺麗です。

LEDの光って、レンダリングではどうやって計算するんでしょうか???

太陽光は、緯度経度と月日、時間を指定して計算しましたが、LEDもほとんど減衰なしの直線光????

CGの世界からはずいぶん長い間遠ざかっているので、さっぱりわかりません・・・

E001系四季島

やっぱり虫顔だな・・・

あのNEXは殿様バッタ、四季島は・・・・芋虫???

ちなみに、255系は、エイリアンの口の中からシャ~って出てくるあれですね。

多少遅れましたが、無事に通過してくれてよかったです。

この後、すぐに金町から引き返してきますが、もういいか・・・

EF64-1035

最後に鹿島貨物のEF64-1035を撮影。

あれ、トランシーがいない。

ということで、撮影は終了、新京成で帰宅しました。

そういえば、最近千葉県沖の地震が頻発しています。

そこで気になるのが液状化。

液状化しやすい土地の目安が土地の固さの指標で、例えば浦安などは1から1.5。

幕張は3くらいだそうです。

数値が3の幕張でも、ビタビタのガタガタ。

でも、同じ区でもある境界線からまったく液状化していなくて、何故かというと何の目的で埋め立てられたかの違いだとか。

チューチューランドの件でいうと、埋め立て時点であんなに重たいものが上に立つとは思っていなかったということでしたね。

もう一回東日本大震災クラスが来たら、真面目に困りますわ。