いすみ鉄道旧国鉄キハヘッドマーク付き

いすみ鉄道旧国鉄キハヘッドマーク付き

先日、鉄道系番組で老川小学校が出ていましたが、あそこは立派な木造校舎を建ててすぐに廃校となり、いまは某会社が借りている場所ですね。

なんだか今の地方の状況を示す象徴的な学校でした。

地方では若者の移住を進めていますが、これが村八分問題のように一筋縄ではいかない・・・・

土地も広く家賃も安い一軒家でも、地元の人が住みたがらない不便極まりない場所では住み続けるのは困難では???

しかも、周りは老人病の人ばかりで何かと口うるさい・・・となれば定住は無理でしょう。

少し前に大物歌手がコンサートをドタキャンした騒動がありましたが、あの原因が老人病ではないかと言われています。

前頭葉が萎縮してスカスカになり、脳のブレーキが壊れていく病気ですね。

老人病については誰でも一度は受けたことがある検査の数字によって、発症が遅いか早いか大体の目安がたつそうです。

地方は、挑戦者の邪魔をし、成功者をねたんで潰すという特徴があるらしいですが、これも地方の老人病のなせるわざではないでしょうか。

そう考えると、いすみ鉄道など三セクは、地元が応援してくれているようで、実はそうでもないという現実が見えてきます。

行政から予算を貰うという事は、自由が利かないし、これこそ地方が活性化できない原因の一つだとも。

ボランティアという名目で頼まれもしないことをやるよりも、鉄道応援なら毎日乗ってあげたほうがよほど利益になると思いますね。

某三セクの鉄道では、地元の人が週に一回は必ず往復のって出かける会を催しているということでした。

トップが交代した今、挑戦者をちゃんと支援して、存続できるようにしてほしいです。

さて、そういうわけで、久しぶりに土曜日をフリーにしたので、ハズと久しぶりにいすみへ。

キハ52ヘッドマーク付き

竹と杉が多いこのあたりの山では、なかなか 紅葉とツーショットはできませんが、煙を吐きながら緑の中から出てくるキハ52はそれなりに絵になります。

千鳥

キハ52のヘッドマークは千鳥。

酔っぱらいの事を千鳥足といいますが、実は千鳥はものすごく足が速いんですね。

キハ28京葉ヘッドマーク

キハ28は京葉ヘッドマーク。

この中房総地域は、あんまり京葉というイメージがないですけど。

国鉄キハ

場所を移動して上りを撮影。

背後の山の一部が紅葉していましたが、あまり目立ちません。

国鉄キハの撮影はこれぐらいにして、お昼を食べるため移動します。

いすみ351形スナフキン

お昼を食べて買い物をしようと移動したところ、そろそろ列車が通過するということで跨線橋で待ち。

やって来たのは350形のスナフキン車両でした。

これで撮影は終了。

意外に道は混雑せず、すんなり帰りました。

ところで、先日幅1.6メートルの道にすっぽりくクラウンがはまってましたね。

あれも老人病の一つが原因で、認識できる視野が極端に狭まるため、進入禁止の標識が見えていても理解できていない。

しかも走行中に左右の認識がまったくできないため、道幅などわからないので、はまったという事らしいです。

そりゃあ、迷惑でしょう・・・・