キハ28 キハ30 キハ52 国鉄三兄弟

キハ28 キハ30 キハ52 国鉄三兄弟

今日からいすみ鉄道のキハ28がキハ52とドッキングして運用に入ったので、ちょっと様子を伺いに行きました。

それに、久留里線から貰われていったキハ30も見たかったので、今日の滞在予定は大多喜と国吉。

初夏の陽気に誘われてじゃなくて、初夏の陽気にあてられて、水分補給しないと倒れそうな日でした。

さすがに、菜の花は小湊沿線に比べると、いすみ鉄道沿線の方が開きが早いです。でも満開になるまでには、少なくともあと一週間はかかりそうな感じでした。

大多喜に着くと、キハ28とキハ52はまだ車庫の中、でもしばらくすると車庫から出て来たので、切符を買ってホームに入りました。

キハ28

同じ系統のカラーリングでも、こうして見るとかなり色が違うキハ28とキハ52。

自分の田舎にはキハが走っていなかったので、懐かしいというより珍しい車両に見えます。

磨かれたようにきれいな車両に見入っていると、ありゃりゃ・・・小谷松方面に走って行ってしまう・・・

今日は上総中野まで特別に運用される日だっけ???と疑問符だらけの頭で考えた結果、大多喜城が見える鉄橋まで移動することにしました。

キハ28

お城の桜が咲いていなくて残念でした。

東日本大震災の直後に大多喜に来た時は、寒さのせいで桜の開花が遅れていたうえに、桜祭りも中止というダブルパンチでしたが、今年は順調に桜が咲きそうですね。

キハ28とキハ52が大多喜駅に戻ったので、こちらも大多喜駅に引き返します。

大多喜駅のホームで急行の出発を待っていると、桜の木にウソを発見、これぞウソ発見木。

ウソ

ウソは桜の新芽を食べるので、桜の木があればウソもいるはず、でも林や森がないとウソも居つかないので、ウソを探して葛西臨海公園をさまよった記憶があります。

こんなに簡単に、しかも近くで見つけられるなんて幸運。

鉄道を撮影していると野鳥も多く見かけるので、ほんとは500ミリと三脚装備も持って歩きたいのですけど。

しかしウソに気を取られていて、急行の撮影はちょっと・・・・

急行の後の各停で 国吉に移動です。

キハ30

国吉駅のホームの菜の花は満開、蜂がぶんぶん飛んでいました。

そして、お久~~~のキハ30、まだ久留里線のタブレットマークをつけたままの状態です。

まさかこんな所で菜の花とツーショットできるとは思っていませんでした。

目的のキハ30を見られたところで、もう一度大多喜に戻り、急行が大多喜に戻って来るのを待ちます。

国吉から大多喜まで戻るとき、ずっと車窓を見ていましたが、上総中川の定番地辺りには結構人がいました。

もうちょっと菜の花が咲いていると良かったですね。

こちらも大多喜に戻ってから、撮影地まで移動しておきます。

キハ52

最近何故か、雑草シリーズになりつつある自分の写真、ここでも春の野花とキハ52を狙います。

ほんとは菜の花か水仙を使いたかったのですが、どちらも花つきがイマイチ。

夷隅マークのキハ52を撮影して、今日のいすみ鉄道の予定は終わりです。

そういえば、国吉で買ったクッキーは味が濃くて美味しかったな・・・次回また買おうっと。