帰って来た キハ28 いすみ鉄道

帰って来た キハ28 いすみ鉄道

以前、外房線を走っていたキハ28が、高山本線からいすみ鉄道へ戻って来ました。

キハ28が走っていた頃の外房線は知りませんが、のんびりとした旅が楽しめたことでしょう。

今日は、キハ28が一般公開されるため、大多喜へ、早い時間に着いたにも関わらず、すでに大多喜駅には人が集まっていました。

この日は車、一日乗車券を買わなかったので、初めて入場券で駅構内に入りました。

キハ52

キハ28はすでに車庫から出ていましたが、すっきり撮影できる状態ではないので、何かないかとホームをうろうろしていると、キハ52が車庫から出て来ました。

あまりうろうろし過ぎていたため、見学の行列には最後尾で並ぶことに、この時点で行列の人数は大体40人くらいでした。

千カウ

行列に並ぶ前に、気になった文字を見つけて撮影したのがこれ、千カウと書いてあります。

グーグル先生に聞いたら、千カウは、勝浦運転区の意味で、昔、外房線と木原線(現いすみ鉄道)で運用された気道車が配置されていたそうです。

ここまで再現するとは、さすがいすみ鉄道・・・

キハ並び

ちょっとでこぼこしているけれど、キハ52とキハ28の並び、キハ28はいすみ200形とドッキング状態でした。

キハ28

帰って来たキハ28、かなりの逆光状態。

表示

車内見学したとき見つけたこんな注意書き、関西弁かいな・・・

車内見学を終えて、売店にお土産を買いに行き、キハ28柿ピーと定番のけむり饅頭、い鉄揚げ、キハカレーなどなどを購入したら、ボンネットバスの整理券をいただきました。

そういえば、行列してる間に、向いの駐車場にボンネットバスが止まっていました。

ボンネットバス

何度か、いろいろな場所で見たことはあるボンネットバス、乗るのは初めてです。

足場がせまく、大柄な人にはちょっときついかもしれません。

ナンバー登録は土浦、日産製でした。

ボンネットバス

なんでも鑑定団の故渡辺先生の実家の前、セブンイレブンの看板さえ入らなければ、大多喜らしい風景だったのに・・・

以前、大多喜をボンネットバスが走っていた頃は、木炭で走っていたそうで、すごい・・・

それにしても、はやく、走るキハ28の姿を 見たいですね。

キハ52、キハ28、キハ30の三連チャンはどうやらなさそうですが、キハ52とキハ28の二連は近いうちに見られるでしょう。