いすみ鉄道 小谷松 銀杏と キハ52

いすみ鉄道 小谷松 銀杏と キハ52

いすみ鉄道の大多喜~小谷松間に鎮座する祠と銀杏辺りは、今や有名撮影地ですが、最近まで、この祠の横に立っている木が銀杏とは気がつきませんでした。

銀杏なら、きっと黄葉しているはず、ということで、小湊鉄道上総久保の銀杏に引き続いて、いすみ鉄道の小谷松の銀杏とキハ52のツーショットを狙いに、撮影に出かけました。

有名撮影地だけあっって、早朝からかなりの人出です。

いすみ鉄道は田園地帯の真ん中を走っているため、紅葉と絡めて撮影できる場所が少ないので、こういう場所は貴重なんですね。

いすみ300型

まずは、銀杏の黄色を強調するために、ホワイトバランスを曇りにセットして列車を待ちます。

やって来たのはいすみ300型、いつもなんか時間が合わなくて、まだいすみ300型に乗っていません。

それにしても、この銀杏の木が、あと二周りも大きくなると、もっと見栄えがするはずですが・・・

キハ52

この土日は、特別に、61D、60Dとしてキハ52が走ると、いすみ鉄道社長ブログに書かれていたため、本命は単独走行のキハ52です。

キハ52

連結用の幌なしで走るキハ52も、あとわずかの間しか見られないかもしれないので、このショットはどうしても撮影したかったんです。

しかし、手前の田んぼの金色の方が、銀杏より目立ってしまう・・・

今度は、ホワイトバランスを晴天に変更してみます。

キハ52

空が青いので、縦位置に、やっぱり銀杏の木がもっと大きいとよいな・・・・

キハ52が去ってしまうと、周りから人がいなくなりますが、この後、いすみ200型が通るはずなので、引き続きここで待つことにしました。

いすみ200型

これで、定期運用されているいすみ鉄道の車両全てを撮影できました。

予定では大多喜の町中へ戻り、くらやさんの里山御膳を食べることになっています。

今日の喜八膳は、キハ52膳、どれもみんな美味しかったけど、なかでも地元玉子の天丼が美味しかったわぁ・・・・・・

次回は、キハ28膳を食べたい、でも十六丼御膳も魅力的・・・

ひのでヘッドマーク

大多喜駅に戻って、車庫のキハ28を撮影、行き先表示は、快速高岡でした。

キハ28の足元には、ひのでと書かれたヘッドマークが、新年用かな???

サンタ

い鉄揚げと煙り饅頭を買うために駅舎に行くと、大多喜駅はすっかりクリスマス・モード、夜来ると、電飾が光ってきれいなんだろうなぁ・・

そういえば、い鉄揚げのカレー味が好きだったけど、販売終了しちゃったんだよね、残念です。