大雨で運休・・いすみ鉄道の大変な一日

大雨で運休・・いすみ鉄道の大変な一日

楽しみにしていたお刺身列車が大雨で大幅な遅れ・・・

でも、大雨は局地的なものだったらしく、どのくらい外房に雨が降ったのかニュースにもなっていません。

今だ台風26号の爪痕が残る地域にとって、この大雨はさらに被害を拡大するだけ。

大原から上総中野へバスで向かう途中、あちこちに土砂崩れやがけ崩れの痕跡が見られましたし、冠水して動けなくなった車もいました。

夷隅川は茶色く濁った濁流で、堤防ぎりぎりまで水位が上がっている場所もありました。

もう一度台風が来れば、崩れ落ちそうな場所がそこここに、台風27号が心配です。

さて、順調に外房線に乗って行くと、途中からえらいこっちゃ・・・

気持ち良く寝ていたのに、叩きつける雨の音で目を覚ましました。

確か天気予報では、大雨とはいっていなかったような・・このところ雨といえば大雨ばかりで辟易しますね。

大原駅

大原はこの通り。

駅舎から列車に乗り込むまでの間に全身びしょ濡れになります。

写真ではわからないのですが、風も強くてまさに叩きつけるような雨でした。

いすみ350型

少し小振りになったすきに、車両を撮影しようと外に出ました。

しかし、波のように雨は強くなったり弱くなったりするので、この後あっという間に雨足が強くなり、列車に戻るとびしょ濡れ・・・・

当然、外房線は止まるだろうと思っていましたが、予感的中で、あれあれというまに上総一宮から勝浦まで不通になりました。

上総中野でも雨は同じような感じ。

強くなったり弱くなったりを繰り返し、止む様子はありません。

大雨の祠

全線運休していたいすみ鉄道が動き出して、大多喜へ向かう途中、紅葉の撮影地の祠を車窓から一枚。

窓ガラスが雨で濡れていて、ソフトフォーカスになってしまいました。

銀杏の木は一部紅葉が始まっていますが、黄色くなるのはまだまだ先のようです。

いすみ200型

大多喜からはいすみ200型に乗車。

雨足が弱くなった隙を見て車両を撮影しましたが、この後すぐに雨が強くなりました。

ミィ

こうなるともう外に出て撮影できません。

こんなに良く降ると、車両はまるで洗車しているかのようですね。

上総中野へ行く途中で、西大原の線路が冠水していたのを見たので、この列車はもしかしたら西大原手前で止まってしまうのでは??と心配もしました。

いすみ200型運転台

フロントガラスにもすごい勢いで水が流れていたので、運転しづらいだろうな・・・と思います。

雨の日は、車だとタイヤが浮いてしまい、運転しにくいのですが、列車はどうなんでしょう????

車体が重たいから大丈夫かな???

大雨は降っている時も心配ですが、止んでからも水がどんどん高台から下へ流れ込むので、全然安心できません。

西大原で止まることもなく無事大原駅に到着したときはホッとしましたね。

雨の日の撮影は好きですが、さすがにこんな嵐の日は撮影したくないです。

おかげで全身よく濡れたので、今日は少し風気味・・・・

天候が安定しないですね。