いすみ鉄道 キハ28を追いかけて

いすみ鉄道 キハ28を追いかけて

上総中野駅へキハ並びを撮影した日は、おりしも大多喜城の桜祭りの開催日でした。

連日の嵐で、高台の桜はどうなっていたんでしょう??すでに八重桜が咲き始めている状態で、今年はなんだか桜の見ごろが早々に過ぎ去ってしまいましたね。

桜も菜の花も椿も、雨と風にさらされてばかりで、一年に一度の晴れ舞台が台無しです。

そういう事情もあって、今年は余り春の撮影に行けませんでした。

この上総中野の菜の花も、到着するまでは半信半疑、でもきれいに咲いていてくれて良かったです。

キハ28

小湊鉄道のキハ200が出発して、いよいよいすみ鉄道のキハ急行も出発の時間になりました。

ヘッドライトが点灯されたので、出発シーンを撮影しようと、かがんで待っていると、これがなかなか出発しない・・・・

中腰で立っているのに疲れて、ついつい背を伸ばしてしまいます。

キハ28

で、そういうタイミングに限って列車が出発してしまう・・・・

あわてて中腰になったら、なんだか中途半端な構図になりました。

キハ急行が出発してしまうと、数人のカメラマンが慌てて車を出してい行きます。

ここからなら、まだまだキハ急行に追いつき、追い越して撮影できますもんね。

上総中野

でも、自分たちはのんびり自販機でお茶を買ったりして、上総中野駅でもうすこし撮影を楽しみました。

キハ急行が出発してしまっても、キハがいる・・・そうです、いすみ鉄道キハ52カラーの自販機ですね。

ウルトラマンっぽく見えますけど。

この後、人気がなくなった上総中野駅を後にして、キハ28をおって大多喜へ向かいます。

ガス灯

腹が減ってはなんとかで、大多喜の町営駐車場に車を止めると、即効でくらやさんにお蕎麦を食べに行きました。

お蕎麦を食べていると、何やら外が怪しい雰囲気・・・・

あっという間に空が暗くなって、雨が降り出してきました。

こんな天気だと、いくら近いとはいえ撮影に行くのはちょっと無理。

しかしくらやさんも混雑してきて、長居するのも気が引けるので、雨が小降りになったところでお店を出てす。

とりあえず、屋根がある場所ということで、大多喜ガス記念館に入りました。

入館してすぐに雨が・・・・キハ急行の出発までに止んでくれることを祈るばかりです。

大多喜駅

でも強風の日の天気らしく、雲が流れていってしまえばカラリと晴れ。

そろそろキハが駅に入るころなので、遠くからホームを撮影してみました。

大原行きの急行が入線してましたね。

出発までに、いつもの撮影場所へ早歩き、雨のせいであちこち濡れていて、背の高い草の中へ入り込むと上着がびしょぬれになりました。

キハ28

一応道からの撮影ですが、上着も靴もびしょびしょになりました。

キハ28は、内部見学の時に座席に座っただけで、まだ指定券を買って乗っていません。

次回は必ず乗りたいですが、乗りたいのは、大多喜から上総中野なんですね。

撮影を済ませ、お土産を買って帰宅の途に、途中何度かにわか雨に降られましたが、道はまだまだ混雑もせず、順調に帰ることができました。