京葉臨海鉄道検測と花真っ盛りの千葉機関区

京葉臨海鉄道検測と花真っ盛りの千葉機関区

日曜日は一日お休みして、今日は京葉臨海鉄道を検測するキヤE193系を撮影に行きました。

最近は、雨雨と言われながらも雨が降らないので、傘を持って出かけてもやっぱり出番はなし。

京葉臨海検測を撮影するなら、車で16号線を、京葉臨海に沿って走りながら撮影した方が効率が良さそうですが、朝はものすごく混雑する国道を走る気がしない・・・

自宅からだと蘇我陸橋を越えるのが大変なので、どうしても近場でしか撮影する気がおきません。

一度くらいはちゃんと工業地帯で撮影したいと思いますが、なかなかできないですね。

蘇我方面行きの国道がベタゴミなのと違って、電車の蘇我行きはガラガラ。

みんな東京方面に働きに行くので、反対方向は空いています。

蘇我に着いても、どこで撮影するのか全然決めず、ダラダラ歩いて結局千葉機関区側にたどり着きました。

KD603

毎度の手順で、まず検測車を牽いて行く京葉臨海の機関車がやって来ました。

今日はKD603、煙りボウボウじゃない機関車ですね。

Easti-D

すぐに木更津からキヤE193系ことEasi-Dが到着。

自走してくるもんね、DE10に引かれてきてくれると良いですね。

京葉臨海鉄道検測

キヤを見送っておよそ40分後、ようやくKD603がキヤをひいて蘇我駅から戻ってきました。

一年に一回の京葉臨海検測なので、一応撮影しておかないと・・・・

ここからおよそ2時間で往復の検測を終え、最後は千葉貨物駅でしばらく待ってから蘇我に戻って来るもよう。

車だったら簡単に追いかけ追い越しながら撮影できそうですね。

次回は車かな・・・・・

千葉機関区

帰りは蘇我駅までタラタラ歩きました。

この時期の千葉機関区は花が一杯。

ヤブランのような花がちょうど咲いていたので、EF65と桃太郎を入れてみました。

バラと桃太郎

まるで造花のような色のミニバラも満開。

停車しているのが桃太郎っていうのはイマイチですけど。

午後になれば手前にブルサンが停車するはずですね。

EF66-114

余りにタラタラ歩いていたせいか、気がつくとEF66が到着する時間でした。

それで、10分ほど待つとEF66-114が到着。

しばらくサメをしっかり撮影していないので、これは良かったかも。

いつもはこの後のEF65交代も撮影しますが、今日はここで終了。

スイカだけ持ってきて、財布を忘れてきたためすごくひもじい・・・・・

とっとと帰ってお昼ご飯にしました。