また雨の成田線検測

また雨の成田線検測

朝から寒い日でした。

それにしても、ハンドル操作なしでスピードをアップすると実行される不正ソフトは、ディーゼルの排ガスをきれいにするよりもずいぶん簡単につくれそうですね。

ゴキゲンワーゲンじゃなくてフキゲンワーゲンになってしまいました。

そのドイツで、躾のしの字もできていない難民達が散らかしほうだいにしたゴミの山を、ドイツ人がせっせと片付けている映像が印象的です。

難民の3割り強がシリア国籍ではないそうで、いったい何をしにドイツへ入るんでしょうか。

ドイツは踏んだり蹴ったり、第一次大戦後の時のように、キレなければ良いのですけど。

まあ、今回は外圧というより自ら招いた禍の結果なので、キレる相手がいないんですね。

いるとしたら、そりゃトップでしょう・・・・・

そういえば、フォルクスワーゲン本社のどでかいロゴオブジェは、まるでナチス総統府にあったあのオブジェそっくりです。

ナチスが作った会社だからかも・・・・

さて、今日はまたまた雨の中の成田線検測の撮影。

最近、検測というと雨天ばっかりです。

EF65-2121

検測車を撮影しに行く前に、今日は原色が入った千葉貨物の撮影。

なんか、顔にすごいしみがあるEF65-2121、雨で汚れてしまったのかもしれませんね。

原色EF65を撮影した後は、千葉駅に引き返し、鹿島貨物を撮影します。

NEX

鹿島貨物を、どうしても佐倉より成田駅に近い場所で撮影しないと成田線で検測車が撮影できないため、いつもの場所。

一応NEXでテスト撮影しておきます。

EF65-2080

本数が減ったせいか、積載率が上がった鹿島貨物。

今日はEF65-2080でした。

雨もチラホラ、傘なしで撮影できてよかったです。

この後は、成田駅経由で成田我孫子線へ。

E491系

成田市内に入ると、とたんにすごい雨になりました。

検測車の成田到着を考えると、移動できるのはせいぜい一駅か二駅くらい。

それで、時間的に安全な場所で撮影することにします。

今日の検測車は一番前のパンタが上がっていませんね。

外房検測の時は確かパンタが上がっていたような気がしますけど。

Easti-E検測車

後追いのほうが成田線っぽい田園風景・・・・・

こんな雨だと、近くの和菓子屋さんまで歩く気がせず、帰りの電車まで駅舎の中でじっと待っていました。

結局千葉に帰ってバタバタしていたため1052は撮影できず。

まあ、また来るでしょう。

しかし、フォルクスワーゲンなぁ・・・・

一時買おうかと候補に入っていたんですけど、たとえディーゼル車でなくても買わなくて良かったかも。

企業体質が最悪・・・・・