解体中銀座線01系とE491系Easti-E

解体中銀座線01系とE491系Easti-E

世の中、暗殺とかいろいろ殺伐としてます。

アメリカの経済指標は今のところ安定していますけど、フリンさんの辞職とか政治は混乱気味かも。

このフリンさんという人は、昔ロシアの二重スパイの疑いもあったとか、他にも火種になりそうな閣僚が数人いるので、そろそろ共和党主流が本腰を上げてくるでしょうか・・・

それにしても暗殺とは・・・毒殺は東側のお家芸ですが、今もそこここでやられているんですねえ。

独裁者は猜疑心の塊のようなものだから、まず一番に疑うのは身内でしょう。

富みと権力のために親兄弟を暗殺するのは人間の性かも、昔から世界中で行われていることですし。

気づくと、天涯孤独になっているんでしょうね。

さて、検測車が来ているのに、なかなか撮影する機会が無さそうなので、空いた時間を利用して外房線検測を撮影することにしました。

最初は茂原辺りで撮影し、その後もう少し南に行こうと計画していましたが、いつもの貨物駅跡地に銀座線車両を発見したので、途中下車・・・・

Easti-Eと銀座線01系

解体中の銀座線01系とE491系をツーショット。

解体中銀座線とE491系

横倒しになった銀座線先頭車の向こうをEasti-Eが通過していきます。

昼休みだったので解体作業は中断中、この方が撮影しやすくて良かったですけど。

E257系と解体中銀座線01系

E257系特急わかしおも通過。

このまま銀座線車両の廃車が続けば、また検測車とツーショットできるかもしれないですけど。

取りあえず、営団地下鉄とJR検測車という取り合わせは珍しいということで撮影してみました。

銀座線01系

お昼を過ぎて、そろそろ作業が再開。

線路の反対側にまわっていたら、先頭車両が持ち上げられてる・・・・

なんだか、01系がものすごく嫌そうな顔をしているように見えますね。

移動中

先頭車両は、アスベスト飛散防止用のカーテンが張られつつある建屋へ。

01系移動中

次は、台車が外されて手前に置いてあった中間車が運ばれます。

下側の機器がなくなれば、ただのボックスなので軽いかな???

中間車にはまだ下の機器が残っていましたけど。

移動完了

先頭車が置いてあったあたりに、中間車も運ばれました。

この後何が始まるんだろうと、少し待ちます。

銀座線01系解体

下の機械類は、こうやって焼切るわけですね。

たいして時間もかからずに、下の機器類は焼切られて地面に落ちました。

この後も色々有りそうでしたが、寒かったので退散。

検測車のお帰りも待たずに帰宅しました。

そういえば、日本にはあまり関係ありませんが、現在のアメリカへの難民申請トップの国はベネズエラだそうで・・・

ベネズエラを止めると言った方が影響は大きいかも。

7ヶ国の難民などを受け入れないと、優秀な人材確保にさらに経費がかかるといった企業がありましたね。

個人的には、それら7ヶ国の難民を受け入れないと、どのくらいの差額がでるのか知りたいです。