越中島検測とEF66 27番

越中島検測とEF66 27番

昨日の予想通り、今日は蘇我にEF66の27番が入るとわかって、さてEF66の27番を何処で撮影したら、越中島貨物の検測に間に合うかと考えました。

京葉線と中央総武各停の時刻表をじっと見つめて、行ける所まで京葉線で行って撮影し、後は武蔵野線を乗りついで中央総武の各停に乗り換えることにしました。

今日はなんだかハードスケジュールになりそうな予感・・・・・

行ける所までといっても、EF66は、武蔵野線から京葉線に入って来るので、せいぜい南船橋か、新習志野くらいでしか撮影できません。

結局、比較的撮影しやすい新習志野へ向かうことにしました。

新習志野はいつになく人で一杯、昨日の京葉臨海もそうだったけれど、目玉は見逃せないということですね。

EF6627

この一枚のために途中下車して40分も待ったのだ・・・・と思うとなんだか虚しい気がします。

でも、鉄道撮影はこういうもの、EF66が通過すると、カメラを片付けて次の目的地へ向かうことにしました。

京葉線、武蔵野線、中央総武線を乗り継いで亀戸まで。

もし東西線で東陽町まで行けば、東京メトロの深川車両基地も撮影できたかもしれませんね。

でも時間的に無理だったので、今日は亀戸で撮影です。

Easti-D

定番撮影地の鉄橋、下の歩道を歩いていた人も思わず鉄橋を見上げていました。

あっという間に撮影は終わってしまい、Easti-Dが戻る時の撮影まで1時間もあります。

ちょうどお昼時だったので、近くのレストランへ入り休憩。

同じ撮影場所だと、同じ絵ズラになるため、レストランを出てから撮影場所探しです。

ちょうどスカイツリーも近いので、スカイツリーが見える場所で撮影することにしました。

Easti-D

この角度だと、逆光でしかもEasti-Dのロゴが見えないので、メリハリのない感じに・・・・

スカイツリーもどことなく霞みがかっているように見えます。

Easti-D

こちらからだと、地上に邪魔が多すぎるので、鉄橋の下は写せません。

でも、ぐいっとレンズを広角にして検測車の全体が入るように撮影してみました。

うーん・・・・

ともかく、検測車の撮影はこれで終了し、亀戸を後にしました。

途中、新小岩操作場でこのキヤE193系Easti-Dを見かけましたが、お帰りの牽引はEF65じゃなくてEF81がくっついてましたね。

ともあれ、一旦帰宅し、もう一度撮影に出かけましたが、なんだかなぁ・・・って感じでした。

それで、虚しい撮影のままではいけないと、夜再び撮影に、今度は蘇我駅です。

EF6627

蘇我駅も人で一杯、昼間撮影できなかった人にとっては、この蘇我駅が撮影のチャンスですもんね。

蘇我駅は明るいし、わりと夜間でも撮影しやすい駅です。

まず京葉臨海のKDが荷物を牽いてきて、次にEF66が登場、作業員の方が前面に乗ってEF66が荷物に合体します。

EF66の0番台はやっぱり魚顔かな・・・・。

EF6627

合体終了のEF66、今日は荷物が長かったです。

さて、動くEF66の27番も、停車中のEF66の27番も撮影できたので、貨物の発車前に退散。

この後KDの重連があったりと、まだまだ貨物ショーは続くのですが、それはまた見られるので今日はこれで終わりです。

予感通り、忙しい一日でした。