E491系 East i-E 京葉線検測

E491系 East i-E 京葉線検測

今日は人が来る予定が入ったので、あまり遠くへ出かけることはできませんでした。

でも、検測車が一日京葉線を走るので、ちょっと遠回りをして買い物へ行きつつ、京葉線を検測するE491系East i-E検測車を追いかけてみました。

ほぼデパートの開店時間に千マリから内房線へ向かうはずの検測車を、そごう近くでキャッチ、先日待ちぼうけをくらった場所です。

千マリから京葉線へ入るためには、外房経由か内房経由で路線変更します。

外房線なら、誉田か本納まで行ってUターン、内房線だと、たいてい姉ヶ崎でUターンすることが多いですね。

今日は、内房線の姉ヶ崎まで行ってUターンしてきました。

Easti-E

そごうの駐車場入り口側の交差点、JRは京成電鉄と並行して走っています。

予定時刻通りに通過した検測車の撮影を終えて、買い物をして家に帰ると、荷物を冷蔵庫に放りこんですぐに京葉線へ向かいました。

今回は千葉中央港で撮影しようと決めていたので、車を駐車場から出してゴー。

巡視艇

残念ながらサメの撮影はできませんでしたが、港では海上保安庁の船で何やらセレモニーが行われているようでした。

制服組と背広姿の人が入り混じって記念撮影したりとか、和気あいあい。

この巡視船は、第三管区、千葉海上保安部所属のよど型消防巡視船のPC57、たかたきです。

しかし、巡視船を見ていて、電車が全然撮影できない・・・・カメラを線路の方に向けました。

255系

この255系を撮影した時、この場所だと上り電車の顔が撮影できないことに気がつきました。

それで、そそくさとカメラを車の座席の上に乗せて、港の反対側、千葉船員サービスセンター側へ移動しました。

以前歩いて港内を移動したことがありますが、港はすごーく広いため、反対側まで歩くとそれはそれは時間がかかりました。

それ以来港へは車でしか来ません。

EF210桃太郎

車で反対側へ移動した後、すぐにEF210桃太郎がタキを牽いてきました。

灯油の需要もなくなったので、タキも短いですね。

さあ、あとは検測車を待つだけ、でも横で行われている海上保安庁のセレモニーがなんだか気になって仕方ありませんでした。

Easti-E

来ました、京葉線検測中のEast i-E、ちょうど曳舟が3隻並んでくれたので、曳舟とツーショットです。

仲良く並んだ曳舟ことタグボートは向かって左から、だいおう、みついし、成田丸で、みついしと成田丸は防災特殊曳舟だそうです。

検測車が行ってしまうと、大急ぎで帰宅して、用事の片付けはセーフ。

次の約束まで時間があったので、買い足したいものを探しがてら、東京方面から戻って来る検測車を撮影しに行きます。

Easti-E

歩道橋の上に立ったり、公園に行ってみたりしましたが、どこもなんだかパっとしない感じ・・・・

それで、あきらめてホームに上がりました。

顔に汚れがついてますね、明日には房総を離れて常磐線でお仕事、洗車してもらえるのはまだまだ先でしょうか。

それにしても、検測車は疾風のごとく、すごい速度で通過してくれましたよ。