遅れたカラシと武蔵野線検測

遅れたカラシと武蔵野線検測

今日のお昼前に、おもしろい番組を見ました。

この番組で甲賀をこうかと発音することを初めて知ったわけですが、甲賀忍者は伏見の戦いのときに伏見城に入っていたんですね。

自分配下の大名に甲賀も伊賀も従えさせようした信長も秀吉も嫌いだった甲賀と伊賀の忍者達。

そんな中、色々と助けてくれれば今のままと確約してくれた家康の味方になって、関ヶ原でも大阪の陣でも活躍したようです。

それで、家康は百人組に甲賀も伊賀も入れて大手門などの守備にあたらせた、今でいう警備担当ということですね。

真田丸に出てくる佐助は甲賀出身ということになっているようで、今日の放送では伊賀の服部半蔵との絡みもありました。

でも、実は、甲賀と伊賀はお隣どうしで仲が悪いという事はなかったようです。

家康の伊賀越えは、実際には甲賀と伊賀の境目を抜ける道で、このとき、甲賀も伊賀も協力して家康を助けたそうです。

人の使い方がうまい家康は、このとき甲賀、伊賀というスパイ集団を味方に付けることに成功しました。

これがこの後の戦いにはかなり有利になったはず。

さて、更新の残りもあとわずかだ。

金曜日の1091レにはカラシが入ることになったので、久しぶりにEF65-2127を撮影するため千葉駅へ。

どの電車の乗ろうかなと電光掲示板を見ていると、新小岩で人身事故のため総武快速と各停が止まったというアナウンスが聞こえました。

あああ・・・と一瞬諦めて帰ろうかと思いましたが、それなら総武線を使わない路線へいこうと、一駅蘇我方面へ。

EF65-2127

待って待って、約40分遅れてEF65-2127が通過。

直後に来た内房線にのって蘇我駅へ向かいます。

でも、なんだか京葉線も危ない感じ・・・やはり遅れていました。

それでもなんとか武蔵野線も乗り継いで、検測車の撮影に、

武蔵野線205系メルヘン

武蔵野線も遅れていたため、予定外の場所で撮影することになりましたが、着いてすぐにメルヘンが来ました。

検測車とM51

検測車のE491系も登場。

向こうに見えるのはM51編成のハズ・・・・

205系M51編成

やはり、シングルアームのM51編成でした。

M51編成を撮影するのも久しぶり。

他の205系も見ながら、検測車が戻ってくるのを待ちました。

E491系Easti-E

どうせなら、マヤ付きの時に撮影すればよかった・・・

でも、マヤがついていると、微妙なところにポールが入りそうですね。

検測車は、しばらく停車して検測に向かいました。

205系M1編成

買い物があるので、帰ろうかなとぐずぐずしていたら、横を通り過ぎた205系はM1編成。

乗ったことはあるけれど、撮影したのは初めてかも。

EF210-142

すぐに蘇我から来たEF210-142も通過しました。

もう少し粘れば、回送などありましたが、とにかく買い物に行きたかったのでこれで撤収。

帰りの電車もすこしずつ遅れていて、京葉線は運休電車まであったしで、一日ダイヤが乱れていたようでした。