北総鉄道 一日乗り放題と料金表の謎

北総鉄道 一日乗り放題と料金表の謎

前もって限定販売だった北総鉄道の「さわやかきっぷ2013」を買っておいたので、今日は北総鉄道一日乗り放題で楽しみました。

いつもは、2駅くらいしか乗らない北総鉄道、なにせ料金が高いものだから、印旛日医大駅まで行ったことがありません。

今日は、高砂から印旛日医大まで一日乗り降り自由だったので、できる限り乗って降りて乗って降りてを繰り返しました。

印旛と聞くと、ナウマン象発掘を思い出しますが、他には田沼意次が干拓事業を行った印旛沼とか、見沼の竜が印旛沼に引っ越してきた話とか、歴史的にはかなり古い地域のようです。

この印旛地域に開通したのが北総鉄道、今は春まつりヘッドマーク付きの車両が運用されています。

春まつりヘッドマーク

シールですけどね、電車のほくそう君が可愛いです。

ただ、春まつりといっても、沿線の桜は全部散ってしまったのでちょっと残念、桜満開の時期だと良かったです。

600形

羽田空港から成田空港まで繋がっている北総鉄道には、京急車両も京成車両も乗り入れているので、じっと待っていれば色々な電車を見られます。

京急の赤い電車、好きですね。

それにしても、アクセス特急やスカイライナーには結構人が乗っているのに、各停には人が乗っていません。

8両編成の各車両に数人という感じ、土曜日の昼間だからか、それとも普段からこれくらいなのか、分かりませんけど・・・・

北総鉄道

北総車両と京急車両がすれ違う風景は北総鉄道ならではのもの、北総鉄道の車両は京成電鉄の車両とカラー違いのものが多いです。

9000形なんて個性的で良かったのに、引退してしまいましたね。

1000形

青い京急を見たかったけれど、北総には来ていませんでした。

青いのは横浜方面に行かないとみられないかな??

スカイライナー

ここまできたら、成田スカイアクセス線を通るスカイライナーを見逃せません。

ホームで待っていると、容赦ないすごいスピードで通過するので、撮影はちょっと・・・・・

なので、離れた場所から撮影しました。

成田エクスプレスが駅で徐行するのと違って、スカイライナーは減速しませんねぇ、風圧で飛ばされそうになります。

最後に、京成3300形、北総では7260形を待ちました。

7260形

車両のナンバリングには一定の法則があるのでしょうが、3300形が7260形って、どういう計算なのか分からない・・・

でも、色々な番号があって覚えるのは大変ですが、面白いです。

今日は、1000円のさわやかきっぷを使って、約2500円ほど乗りました。

帰宅して北総鉄道の料金表を見たら、印旛日医大から新鎌ヶ谷までが650円、印旛日医大から高砂までが780円??多少割り引かれるとしても、新鎌ヶ谷から高砂までの差額が230円??

印旛日医大から新鎌ヶ谷まで650円で、ここで一旦降りて新鎌ヶ谷から高砂まで新たに切符を買うと540円なので、合計で1190円。

直通で買うと780円で、途中下車すると1190円、差額は410円、う~ん、良く分からない料金体系だ・・・・

今日は、行きは新京成で新鎌ヶ谷まで出て北総鉄道に乗り換え、帰りは高砂まで出て京成に乗り換えて帰宅したので、京成三昧と言ったところですね。

さわやかきっぷはもう一枚買ってあるので、また乗り放題を楽しみに行く予定です。

このさわやかきっぷは限定販売ですが、まだ購入できる駅もあるようでした。