成田発千葉ニュータウン中央行き通勤特急

成田発千葉ニュータウン中央行き通勤特急

朝目を覚ましたら雨が降っていて、しかも寒く・・・こんな日は毛布にくるまってもっとぐずぐずしていたかったのに、目ざまし時計のけたたましいベルの音でついに起きることに。

目ざまし時計なんかセットするんじゃなかったと思いつつ、コーヒーを入れようとリビングに行くと、今日は北総鉄道の9000形が走ると知らされたので、ゆるゆる出かける支度を始めました。

成田から高砂経由で北総線へ、かなり長い距離なので、どこで撮影するか地図を見ながら撮影地を探しました。

本当は江戸川鉄橋で撮影したかったけれど、まだ工事中かもしれないし、大佐倉まで行く時間は無いだろうしと迷いまくり。

迷いまくって、家を出たのが中途半端な時間だったため、結局何処へも行けずで駅撮りになりました。

スカイライナー

何処にも行けないなら、一ヶ所にとどまるのが得策、待っていればこうしてスカイライナーも通過します。

スカイライナーは、踏切で撮影したいと常々思っているのでが、まだ実現していません。

3600形

傘は撮影には邪魔なので、たたみたかったのですが、すごい雨なので傘をさしたままの撮影、そのせいでシティライナーは見逃してしまいました。

冷たい雨のせいで手がすっかり冷えてしまい、もう少し厚着をしてくるべきだったなと後悔しましたね。

でも我慢して待っていると、緑赤の3600形も3400形もやって来ましたが、傘のせいでなんだか雑な撮影になっています。

このままだと凍えてしまうなと、ちょっと足踏みなどして寒さを凌ごうとしました。

北総鉄道9000形

しかし足踏みごときでこの寒さを凌げるわけもなく、津田沼で待ち構えてからおよそ一時間、ようやく目当ての9000形がやって来ました。

北総オリジナルの9000形車両、以前一回見かけただけで、なかなか出合えない幻の車両でしたね。

出会えないうちに定期運用から外れてしまったので、今日撮影できて良かったです。

北総鉄道9000形

北総車両の運用については詳しくないので、京成本線を北総車両が走行することが珍しいのかどうかわからない・・・・

でもこの通勤特急は定期運用ではないらしい・・・・

9000形の通勤特急を見送った後、9000形から降りて来ただんな曰く、途中には結構人がいたとか、やっぱり北総車両が京成本線を走るのは珍しいのだとわかりました。

3300形

帰る間際、せっかくなので1番線横の引き込み線に停車中の3300形を撮影、千葉中央行きになっているので、夕方から運用される車両でしょう。

ちょっと弱くなって来た雨足もまた強くなり、風も出てきて寒くてしょうがないので、千葉線ホームに停車中の電車に急いで乗りこみました。

3500形

せっかくの9000形運用だったのに、こんな雨と寒さの日で残念でした。

でも、津田沼で見送った9000形には沢山人が乗っていましたね。

みんなあのまま高砂から北総線まで乗っって、記念はがきを貰ったかもしれない、うらやましいかも・・・