ハートを探せ・銚子電鉄

ハートを探せ・銚子電鉄

今年開業90周年を迎えた銚子電鉄、年末も押し迫った今日になってようやく銚子へ行くことができました。

昔のデハ塗装やヘッドマークもまだ見ていなかったし、記念切符も欲しかったので、何としても今年中に行きたかったんですね。

しかし今朝はいつになく寒い、銚子は千葉よりも寒いので、用心してものすごい厚着をしていきました。

でも、日当たりが良い銚子はさほど寒くも無く、歩くと汗ばむほど、ちょっと着すぎたかもしれません。

ともかく、昼間の電車の本数がぐっと減ってしまったため、撮影に苦労するかもと心配しましたが、それもなんとかクリア。

久しぶりに行くと、銚子はやっぱり楽しかった。

平日は一両編成の1000形が運行されているでしょうが、休日ともなると乗客も増えるため今日も二両編成の2000形が運用されていました。

もう年末なのに、思った以上の混雑で、車掌さんは切符売りに大忙しです。

でも、そんな様子を見てちょっと一安心。

銚子電鉄沿線は、古民家があったり田園風景が広がっているわけではありませんが、見慣れた風景が変わらずそこにあって、やはりそれに安堵しますね。

今日は、まず犬吠埼駅で下車して、外川から戻って来る2000形を撮影しました。

キャベツ畑

銚子と言えばキャベツ。

犬吠埼駅近くに広がるキャベツ畑を入れて一枚。

灯台キャベツはなかなかお店に並ばないので、一玉欲しかったですね。

それから時間がたっぷりあったので、犬吠埼灯台まで歩きました。

犬吠埼灯台

真っ青な空に真っ白な灯台。

郵便ポストも真っ白でした。

近くの水族館でイルカショーを見たかったのですが、それは次回のお楽しみ。

ここの水族館のイルカたちは、人の姿を見かけると寄って来てくれて、すごい人懐こいので大好きです。

灯台の周りをグルリと散策した後は、犬吠埼の駅に戻り外川まで移動しました。

2000形

笠上黒生で電車交換することもないので、昼間は一編成だけの運行になります。

なので、銚子からここまで乗って来た2000形がずっと往復していました。

この2000形は前後でヘッドマークが違いましたね。

外川駅

外川駅まで来て、乗って来た電車で引き返すことにしていたので、停車時間中に撮影しまくり。

外川駅の郵便ポストは赤いです。

やはり一時間に一本だと、もうひと駅散策というわけにもいかないので、一日一駅で、次は外川駅散策かな。

あまり停車時間がなかったので、できるだけ撮影して電車に乗り込みます。

ハート

銚子から乗り込んだ時にすでに気が付いていましたが、2000形の片方の車両に、ひとつだけピンクのハートの吊革がありました。

もし、この2000形に乗る機会があったら、探してみるのもおもしろいです。

ピンクのハートの吊革の電車に乗って、仲ノ町まで移動。

やはり車庫見学は外せません。

2000形

仲ノ町では2000形が並びました。

カエル色の2000形にはひたちなか海浜鉄道との提携記念のヘッドマークが付いています。

カエル色にもピンクのハートがあるんでしょうか????

次回はカエル色の車両に乗りたいですね。

仲ノ町

仲ノ町にもハートあり。

電飾もあって、夜来ないといけないかな。

今日運行していた2000形の内部には、ズラリとイラストが飾られていてじっくり見て回るだけでも一往復できそう。

弧廻手形もノスタルジックなデザインになっていました。

千葉に住んでいてもなかなか来られない銚子なので、犬吠埼と仲ノ町でお土産を一杯買いこみました。

ああ楽しかった、やはり行けば楽しい銚子、また近々行きたいです。