小雪、みぞれ混じりの貨物撮影

小雪、みぞれ混じりの貨物撮影

相変わらずのニュースばかり・・・・あの湯川という人は千葉の恥ですね。

県警も、ただの地方公務員なんだから、国対国のことに首を突っ込まないで、もみ消した交通違反の件数をキチンと数えて欲しいです。

湯川という人は、一度は逃げ出せたのに、現地にわざわざ残ったらしいし、後藤という人はクリスチャンで日本ユニセフの雇われという話も。

地震の義援金を他のことに使うといって炎上した、国連ユニセフと関係がないあの日本ユニセフですか。

ビデオでシリアの人云々とありましたが、あそこの中心はイラクのスンニ派の人たち。

イラクのフセイン政権崩壊後に、政権中枢から追い出された人たちで、シリアの人ではありません。

もともと日本は、イラクともシリアとも内政干渉しないでうまくやっていたのに、ここまでこじらせたのは誰だ??ということですね。

宗教に寛容なら、その話には一切触れないのが外交の鉄則ではなかろうかと思います。

おせっかいが過ぎたようですね。

さて、今日の東京は朝からみぞれや小雪が降る寒い日になりました。

天気が悪いと掃除日和といいますが、あまりに寒くて、しかも午前中はいろいろ用事があり掃除も手につかず。

それで、結局、貨物の撮影に行くことにしました。

千葉はお昼すぎに少しだけみぞれと小雪が舞った程度でしたが、気温が低くてとにかく寒い・・・

EF64-1014

まずは原色のEF64-1014ですが、顔の汚れをこすったような跡が・・・しかも中途半端。

土砂降りの日に走れば、きれいになるかも。

この後すぐに、A520編成が千葉に向かったと連絡をもらったので、1番線で待ちます。

A520

けっこう待ちましたが、無事A520編成の入線を撮影。

このころ、大粒の雨が落ちてきていましたが、屋根の下にいたおかげで傘はさしませんでした。

で、これからどうしようかと迷ったあげく、蘇我へ。

EF65-2121

発車まで1分くらい、ぎりぎり間に合って、出発するEF65-2121とタキを撮影できました。

もうあっち行ったり、こっち行ったりで忙しい・・・・

このまま帰ってもよかったのですが、鹿島貨物を撮影できると思い成田線へ。

成田方面はさらに寒くて、カイロもってきて良かったと思いましたね。

EF65-2040

さほど待たずにEF65-2040が通過。

本当に寒々しい景色です。

これで今日の予定は終了です。

改札外のコンビにで、ようやくのお昼を買って、帰りの電車でがっつきました。

電車の中は、あったかくて極楽・・・・・

そういえばいつも不思議に思っているんですが、危険な場所に行って、そこで暮らす人達にレンズを向けて、かわいそうだと言って日本で写真を公開しますね。

かわいそうかわいそうといいますが、それならそこから先は???

解決するためにこうしましょう、ああしましょうというアクションが全然ないですね。

こんなにかわいそうなんです、ああかわいそうですね、チャンチャン????

それに、日本人的価値観でかわいそうと思っても、現地ではそうでないかもしれないし。

何が目的なのかさっぱりですね。

現地で何年も暮らして、何に困っているのか聞き取りをしているわけでもなく、でも悲惨なタイトルを付ければ客寄せパンダにはなるでしょうが・・・

そういうのはジャーナリズムというより旅行写真っぽい。