原色タキ牽きと6X6=36Y

原色タキ牽きと6X6=36Y

朝、鉄道情報を見たら、京葉線が遅れていました。

そして、高崎線は不通・・・・何があったのかと調べると、配電盤の火災。

それもかなり燃えたようで、明日も一部区間が不通のままです。

そのため、青春18切符で新幹線に振替という美味しいのかどうかわかりませんが、めったにない事態に。

じゃあ、18切符持って新幹線乗りに行こうと話したら、何しに???と言われ、あきらめました。

あちこちの路線で運休や遅れが出ると、当然貨物にも影響が出るわけで、お昼前に蘇我に来る予定の桃太郎もかなり影響を受けていて、3時間ほど遅れていましたね。

でも、蘇我発の貨物に遅れはなさそうだったので、千葉貨物発便だけ狙って出かけることにしました。

EF65-2119

もう最後か最後か??と言われ続けて、まだしっかり運用されているEF65-2119。

久しぶりにタキを牽くEF65-2119を撮影できました。

この後、ここで一緒になった方と蘇我へ。

目的は岡桃とゼロロクですが、今日は天気予報は小春日和などどいっていましたけど、待つ身には寒い日でした。

209系と特急わかしお

岡桃を待っている間に、ケヨ34こと京葉線209系が入線。

運用番号は、このとき37です。

209系36Y運用

これは5分ほど蘇我に停車して、すぐに東京へ向かう運用ですが、出発の時には珍しく運用が36Yになっていましたね。

Y表示は、一度見たことはありますが、撮影は初めて。

A表示もあるということですが、それはまだ見たことがありません。

で、直前まで番号不明のままの岡桃が蘇我に到着したんですが、この日は901、でも撮影は失敗したため後でまた撮影することにしました。

EF66-36

寒い中、さらに待ってEF66-36を撮影。

この少し前、遅れに遅れていた1359レがようやく蘇我に到着したばかりで、EF66-36はいつもより長く信号手前で停車したようです。

ここでご一緒した方とはお別れ、寒い中お疲れ様でした。

一方、自分は外房線へ、ケヨ34の撮影に向かいます。

209系37運用

いつもの37運用表示でした・・・・

ここまで来たら・・・ということで、あの銀座線を車窓から見たら、すでにアスベスト除去は終わり、真っ二つにぶった切られてトラックの荷台に乗っていました。

もうトラックが出発し始めていたので、あえて現場へは行きませんでしたが、ただの廃車処理でしたか・・・

先頭車両にだけアスベストが使用されているのかな???

あの真っ二つになった銀座線は何処へ・・・・

と思いながら外房線を後にして、京葉線まで戻ってきました。

風は多少収まったようですが、相変わらず寒い。

EF210-901

最後はEF210-901。

西へ行き来する貨物は大丈夫でしょうけど、倉賀野、高崎方面へ行き来する貨物は、乱れまくるんだろうな・・・・

高崎なんて、もう駐機できないほど満杯になっているのではないでしょうか・・・・

早く復旧するといいです。