貨物廃線跡と今日のEF66-32

貨物廃線跡と今日のEF66-32

毎度のことながら、急にEF66-32が来ることになったので、朝あわててカメラを引っ張り出して撮影に行きました。

それにしても、連休になるとスジが全然読めなくて困ります。

でも、何故か最近は蘇我にゼロ番台やら原色やらがよく入るため、スジが読めなくても毎朝貨物チェックをしてなんとか撮影できていますね。

今日は東金線に行こうかなんて思っていたのですが、予定は未定で結局自宅近くをうろうろすることになりました。

良いのか悪いのか、連休中も全く遠出できていません・・・・・

遠出できないのは風邪をひいていたせいもありましたね。

近所では、こんな時期にインフルエンザが流行しているし、近ごろは何時何が流行るのかわかりません。

EF66-32

まずは、午前中のEF66-32。

早朝の総武快速人身事故のせいで、京葉線も遅れていましたが、貨物の通過は時刻通りでした。

このEF66-32を撮影した後は予定がなかったので、買い物に行ったりしてから貨物の廃線跡地に行くことにしました。

京葉線と貨物線信号

もともと、この辺りには千葉貨物ターミナルがあったようで、ターミナルや線路跡は道路になったり、色々な施設になってしまい当時の面影はありません。

しかし、京葉線高架横に、かつて使われていた信号が残っています。

この信号は全部で3機、錆ついていてかなり古びていますが、撤去されていません。

EH200-6

廃線跡に沿って新港の陸橋まで来ると、じきブルーサンダーが通過する時間だったのでそのまま待つことにしました。

しかし、ブルーサンダーは遅れていて、うや???と心配しましたね。

向かって左側は、かつて貨物のターミナルがあった場所ですが、今は商業施設や公共施設になっています。

京葉線横と下の土地は京葉臨海鉄道が管理していて、月極め駐車場になっていました。

貨物線跡

陸橋から降りて、来た道を戻ります。

京葉線の向かって右側が貨物線跡、今はゆるいカーブの道になっていました。

近そうに見えて結構な距離があり、良い運動になった廃線巡りでした。

さて、自宅に戻り夕飯の支度をしてから、夜のEF66-32を撮影しに出かけることにします。

EF66-32

やはり、32番はサックスブルーっぽい。

ヘッドライトがハイビームなので、かなり引きつけないとヘッドライトばかりにピントがあってしまい、真っ黒な写真になります。

今回は、行きも帰りも真後ろのコキが空でしたね。

アッという間に通過したEF66-32、これから蘇我へ移動です。

EF210-110

EF66の出発から約30分遅れて蘇我を出る桃太郎。

この時間の貨物には、ホキやチキが連結されている確率が高いのです。

今日はトキが連結されていました。

しかし、トキとタキだけの荷物、短いですね。

休みと休みの合間なので、コキが無いのかな????

それにしても今夜も蘇我はすごい人出だった模様・・・・・

みんな元気あるな・・・こちらはぐったり、疲れ果てました。