EF66-30と183系「ありがとうM32あずさ」

EF66-30と183系「ありがとうM32あずさ」

今日は久しぶりにEF66-30がやって来るので、蘇我駅で撮影しようかと準備をしましたが、蘇我駅では何度か撮影したので、別の場所へ行くことにしました。

天気予報によると、ものすごい寒波が押し寄せているということなので、いつもより厚着。

でも、EF66を待っていたホームは日当たりが良くて暑いくらい。

寒いよりマシですが、撮影時に着ていく服に迷います。

もしダイヤが乱れていれば、予定より長く待つわけですし、予定通りならさほど待たなくても良いし・・・・

ショール一枚で寒さが凌げれば、それほど楽なことはないですけどね。

電車に乗りながら、何処で撮影しようか偵察。

新習志野辺りならお手軽ですが、意外に架線柱が邪魔だとわかっているので、更に武蔵野線に乗りかえて先へ進みます。

結局、馴染みの撮影場所に着いて、そこで撮影することに。

じきEF65が通過するはずなので、すぐにカメラを出して待ちました。

EF64-1023

今日も蘇我からの単機は牛乳パックでした。

いつも単機でお帰りのEF64、運ぶ荷物が無いんですね。

205系

武蔵野線なので、205系ばかり通過します。

EF66を流し撮りしても良いかなと思い、205系で練習しました。

でも、失敗したら代わりがないのでやっぱり止め、EF66は停車しないので、速度が落ちませんしね。

一度くらいメルヘンが来るかなと期待しましたが、今日は出会えませんでした。

EF66-30

真打登場。

前回撮影した時は青一色だった前面のプレートですが、今回は一部塗装がはがれて下の赤い色が見えてました。

ここまで比較的短時間で終わった撮影。

でも、もうすぐお昼だし、そろそろお腹が空いてきました。

途中の駅で寄り道して、帰りの電車を待っていると、本来サメが来るべき時間にニートが登場。

EF210-162

ずっと代走ですね。

もし、EF66の0番台の2連チャンなんてあればものすごい興奮、その前にちゃんとサメを送り込んでほしいです。

さて、一旦帰宅して休憩した後、大宮から千マリに183系が送り込まれているかもしれないと思い、千マリへ出かけました。

確かに、183系は送り込まれていましたが、期待通りに183系が並んではいませんでした。

千マリ

しかも、陸橋から顔が見えないし・・・・

奥の183系の横には相変わらず217系が留置されているし・・・・・・

183系を取り囲むように特急車両が並んでいて、どうにもこうにも綺麗にすっきり撮影できません。

清掃中

255系は全掃中・・・

忙しそうに清掃作業していました。

それで、これ以上陸橋の上に立っていてもしょうがないと思ったので、寒かったし、帰宅することにしました。

明日は廃車回送だなと線路に沿ってプラプラ歩いていると、183系の顔が見える場所がありました。

なんだかカラーが見えると思い、植え込みの間からフェンスを避けてレンズを向けます。

183系

すでにヘッドマークがついていました。

このヘッドマーク付きで回送されていたのかな????

とにかく、ありがとうM32 あずさの文字。

明日はこのヘッドマークを付けて長野まで走るんですね。

水色183系好きだったのにな・・・・

ああ残念。