千葉機関区のEF66-27

千葉機関区のEF66-27

昨日千葉機関区へ入ったEF66-27は、早朝蘇我を発って行きました。

どこか他の貨物へ回すために、一晩留置されたようです。

中央線は今夜ようやく開通したし、これでブルサンが来るかも。

今日は一日用事で出かけましたが、会う人ごとに先日の雪騒動の話で盛り上がりました。

動物公園周辺にはまだ雪が残っていて、雪当日はものすごい風景だったとか。

乗っておけばよかったなと言ったら、雪の日に唯一通常ダイヤで運行されたモノレールは、落ちるのでは無いかと心配するほどの混雑だったそうです。

JRもバスも運行停止になると、都賀方面に帰る唯一つの交通機関になりますから、仕方がありません。

そういうことで、今日の更新は昨日撮影した千葉機関区。

できればEF66が3機入った千葉機関区を撮影したかったですが、EF66-33が入ったと知った時には、すでに出発の時間だったので今回は見送りです。

しかし、次回はあるんだろうか???

EF210-151

いつも3機は千葉機関区に留置される桃太郎ですが、この日はこの一機だけだったようです。

貨物をチェックすると、しばらく運休ばかりでしたが、これから徐々に元に戻ってくれるでしょう。

EF66-27

最近、来る時は連続でやって来る0番台ですが、一気に3機も入ったのでしばらく来ないかな????

それにしても、コンテナ一つだけなんて、なんて寂しい貨物でしょう。

ニュースでは、山梨のガソリンスタンドの灯油が品切れだと言っていましたが、これからガンガン運べますね。

KD603

千葉機関区へ行く前に、京葉臨海の機関車も撮影しました。

春になると沿線に桜が咲く京葉臨海、今年は好きな鉄橋や桜の花と一緒に貨物を撮影したいです。

KD55102

個人的には、番号が55の機関車のほうが好きです。

出発するときボワ~ッと煙りを吐くんですね。

EF66-27

千葉機関区のEF66はいつも内房線側に止まるので、撮影できるのは内房線の踏切側からだけ。

内房線との間のフェンスが邪魔ですが、反対側からだと顔に架線柱が被るんです。

千葉機関区

どうしてもEF66を2機とも入れて撮影したかったので、千葉機関区の周りをうろうろ・・・

結局、フェンスと枯れた草越しでしか撮影できませんでした。

冬なのでこうして機関区が見えますが、夏になるとフェンス一面が緑に覆われて見えなくなります。

3段脚立くらいないとダメかも・・・・・・

さて、毎晩ついオリンピックを見たいがために夜更かしをする日々ですが、男子は頑張っていますね。

トリノのようにならないかと心配でしたが、メダルも沢山獲得できてよかったです。

次のお楽しみは女子のフィギュアスケートかな???

晴れ舞台というけれど、選手3人には、気負うことなくオリンピックを楽しんできてほしいですね。