EF66-26とE233系試運転と回送

EF66-26とE233系試運転と回送

今朝は寒かったです。

ニュースを見ていると7時の気温が3度台ということだったので、外に出る元気も無くなりました。

これで雪でも降ってくれればホワイトクリスマスなんですが、空はピーカン、放射冷却で地上は冷えまくりでした。

寒い日は、ぬくい家の中でごろごろ・・・したかったのですが、以前夜間の通過しか撮影できなかったEF66-26がやって来るので、コートに手袋マフラーで完全防寒して出かけることにしました。

完全防寒のはずでしたが、やはり寒い。

でもEF66-26が来るまで日向で寒さを凌ぐことにします。

昨日はEF66-36、今日はEF66-26と、来る時は続けて0番台がやってきますね。

その前に最近タキを牽引するようになったEF64を撮影したかったのですが、またも撮影できずでした。

EF66-26

さらに、京葉臨海KDの運転士さんとずっと話込んでいた保安員さんが、いつもより遅く停止位置に出てきたため、EF66-26と被ってしまいました。

あれれ・・・

仕方ないので、EF66-26が切り離されて千葉機関区へ向かうところを狙うことにします。

EF66-26

両方のパンタを上げたままEF66-26は千葉機関区へ向かって走り出します。

横を通過した時、側面を撮影したら昭和48年製造だったので、今年でちょうど製造から40年ですね。

国鉄時代のモノはなんでも頑丈に造られているようなので、まだまだ現役でいけるかな????

EF66-26の撮影はこれで終了しましたが、今日はKD55103が貨物を京葉臨海へ運ぶので、このKD55103が出発するまで待つことにします。

E233系

貨物が出発するのを待っていると、来るはずのない京葉線E233系が外房線へ入っていきます。

通常の外房線直通は各時間40分台ですが、このE233系は20分台に出発。

なんだろうとよく見ると、回送表示でした。

この50分後くらいに蘇我駅に戻って来たので、上総一宮までは行かず、途中のどこかでUターンしてきたんでしょう。

KD55103

京葉線E233系に気をとられている間に、信号が青になっていました。

あわててKD55103にレンズを向けると煙りがボワ、これがKD6xxだと煙りを吐かないんですね。

もくもくと黒い煙を吐きながら、貨物を牽いたKD55103は陸橋の彼方に消えていきました。

これで目的は達成ですが、せっかくなのでもう少しここにここに留まります。

E233系

貨物線にはE233系が入線。

昨日もこれを目撃しましたが、証拠写真を撮影できずだったので、今日は証拠写真を撮影。

これは試運転表示でした。

どこかから新しく京葉線の回されてきた車両なんでしょうか??

それとも、運転士さんの訓練かな???

E233系

しばらく停車した後、貨物専用のスロープを通って京葉線本線へ。

数日これを繰り返すのかもしれませんね。

ずっと前に185系が総武本線を試運転していましたが、時々こうして既存の車両の試運転をするのかもしれません。

大体、今日の予定はクリア、あと少しで撮影完了ですが、それはまた後日です。