EF66ホオジロザメとクマイチ 今日の千葉機関区

EF66ホオジロザメとクマイチ 今日の千葉機関区

今日は、シュモクザメのEF66ゼロ番台が千葉機関区に入ってくるかもしれないというので、蘇我駅で待機していました。

天気予報が曇りのち雨だったため、傘まで持っていったのに、空は青空所々雲で、ひどく蒸し暑かったです。

EF66の36番は以前にも千葉機関区へ入ったので、一応撮影したことはありますが、走行シーンは未撮影、今回は京葉線の高架から蘇我駅へ下ってくるシュモクザメが撮影できるかもと、ワクワクしながら待っていました。

何も知らずに待っている時が一番楽しい・・・・・

11時12分着の貨物は、結局EF66の119番、ホオジロザメでした。

EF66119

どこかでリプレイスされたみたい・・・・

EF66の36番は、西日本に帰ってしまったようでした。

なんだなんだ・・・と振り返ると、そうだ忘れていた、EF210が発車準備中、よく見ると番号が変。

通称クマイチEF210の901番試作機です。

以前は東日本に所属していたそうですが、現在は岡山機関区所属なので、珍しいのかな???

番号の頭に9が付くのは、どうやら試作車両のようですね。

EF210901

この試作機については詳しいことは分からないのですが、桃太郎のロゴはありません。

ちょっと地味なEF210でした。

このクマイチの発車を待っても良かったのですが、もしかしたら、EF66の切り離しが見られるかもしれなかったので、急いで改札へ向かいます。

こんな時、自由通路で撮影できたらと思いますが、まだまだ工事中、あわてて階段を駆け下りて貨物の先頭を見たら、EF66の姿はどこにもありませんでした。

で、すでにKD603がコキと連結するため移動中。

このKD603を撮影するため、ちょっと先まで移動です。

KD603

車も人も避けると、自然とこんな構図になるしかない踏切。

サックスブルーのKD603は、千葉機関区を通りこして京葉臨海へ入っていきました。

このまま蘇我駅へ戻るのももったいないので、ちょっとだけ千葉機関区を見に行くと、ちゃんと定位置にEF66が収まっていましたね。

そのまま千葉機関区にそって歩いて行くと、EF65のヘッドライトが点灯中、もうすぐ出発しそうでした。

EF652070

おそらくタキを牽いて行くはずのEF65、この時間帯は貨物ラッシュです。

EF65を追いかけるように蘇我駅へ引き返して、どこかに停車中のEF65を探しました。

EF65

蘇我駅手前にEF65が停車中、貨物を牽いてきてこれから千葉機関区へ入るEF65と、これから貨物を牽いていくEF65です。

2070番はこの後すぐに蘇我駅へ向かいました。

またまたEF65の後を追うようにして蘇我駅へ。

タキに連結されたEF65が出発を待ちます。

そのまま蘇我で待っていてもよかったのですが、一駅移動。

EF652070

以前 、流し撮りをしようとしてタイミングが合わず断念したので、今日こそ流し撮りに挑戦。

1/100から徐々にシャッター速度を遅くしていき、なんとかそれらしい感じになりました。

今日の貨物三昧はこれにて終了。

次回のお楽しみは京葉臨海の検測ですね。