EF65-2070と京成軌道検測車EM-30

EF65-2070と京成軌道検測車EM-30

やっぱり毎晩サッカー漬け・・・・

日本は決勝に進めましたね、戦略がどうであれ、目標は予選クリアだったので良かったです。

あの試合に関しては様々な意見があるようですが、そういう戦略もありなのねと分かって、自分はなんだか得した気分。

最後まで全力でやって負けるか、まずは目標をクリアするかと聞かれれば、やはり取れる手段を考えて目標クリアを最優先させるのが監督の仕事。

色々言っている関係者だって、同じ立場なら、同じことをやっているのではないかと思います。

ともかく、おめでとうおめでとうジャパン。

次はベルギーだ、チョコレートだ。

フランダースの犬もベルギーが舞台だし・・・

フランダース・レースは有名ですね。

連邦制なので、言語とか文化とか色々複雑な国のようですが、勝てばいいのさ。

次回は夜明けまでの試合なので、また寝不足になりそう。

さて、水曜日の撮影をやっと更新。

最近流行りの原色化されたEF65-2070が1091レに入ったので、それを撮影に行きました。

京成軌道検測車EM-30

京成で幕張まで行くと、留置線に見慣れない作業車がいます。

軌道検測車のEM-30で、以前も入ったことがあるそうですが、見るのは初めて。

最近、京成千葉線はレール交換されていたり、バラストがまかれていたりと保線が進行中。

保線員さんの姿もよく見かけます。

このEM-30も夜中に走っているかな???

などと思いながら、いつもの撮影場所へ。

EF65-2066

この日は、原色が2本が千葉入り。

まずは鹿島貨物のEF65-2066。

これが、強風のため向こうの方で色々あって、10分ほど遅れてきました。

EF65-2070

千葉貨物のEF65-2070はもっと遅れてきました。

おかげでちょっと予定が狂いましたが、無事に撮影を終えて帰宅へ。

EM-30を見ながら京成に乗車。

新京成8800形

最後に、すれ違うぎりぎりの駅で降りて、千葉ロッテマリーンズ号を撮影しました。

このところ、調子が良いマリーンズ。

交流戦が良くて、そのまま好成績を維持しているようです。

さあがんばれがんばれ千葉ロッテマリーンズ。

という事で、撮影はこれで終了です。

暑さに加えて強風のせいで、ものすごく体力を使いましたね。