雨のEF64-1019と蘇我ピストン最後のEF65-2139

雨のEF64-1019と蘇我ピストン最後のEF65-2139

朝、テレビをつけたら、トルコでクーデターが起こったというニュースが流れました。

昨日はフランスのニースでテロ、今日はトルコでクーデター・・・・ヨーロッパは最近きな臭いですね。

あそこが火種になると、世界に飛び火する可能がありますが、今のところは大丈夫???

それにしても、武器も持たずに戦車を止めようとしたりと、トルコの人は勇敢だなと思いました。

だた、近頃のトルコの内情はよくわからないので何とも言えませんけど、EU参加問題やシリア問題など火種は色々ありそうです。

もし、トルコがすでにEUに参加していて、このクーデターが起こったとしたら、また世界経済が混乱しそうですが、未遂に終わったし、EUには入っていないので、混乱はないでしょう。

さて、先週鹿島貨物に入ったEF64-1019が、またやって来るというわけで、雨の中の鹿島貨物が撮影できるかなと金曜日の午後から撮影に。

EF64-1019

どうせなら、土砂降りになってくれると良かったのですが、時々晴れ間まで出てきて中途半端。

まあ、前回撮影しなかったEF64-1019なので、来てくれるうちに撮影できてよかったです。

それにしても、鹿島スパイラルはいつまで続く????

この後は、夕方蘇我にやって来るEF65-2139の撮影に。

いつものホームではなく、駅の外で撮影することにします。

EF65-2092

1091レを撮影するような気分でいたら、とんでもない・・・・

どうするベと困惑していたら、1090レのEF65-2092が千葉機関区から出てきました。

KD603

困惑の原因はこれ・・・・

1090レの荷物のしっぽがこんな場所まで来ています。

これじゃあ、EF65-2139の機関車の顔しか見えません・・・・

と言っても、うまく撮影できる場所は思いつかないし・・・

この日は市原が豪雨で、内房線が乱れまくっていたため、ダイヤがずれると、ホームでも被る可能性が・・・・

なので、少しだけ後ろに下がって、入換狙いにしました。

EF65-2139蘇我到着

やっぱりここに停車したのね、EF65-2139。

EF65-2139入換

入換開始。

こういう作業がまじかに見られるのがこの場所の良いところですが、1090レの荷物は長いと覚えておこう・・・・

EF65-2139

この時間は構内留置なので、EF65-2139は千葉機関区側のポイントから戻ってきました。

あと2時間弱で出発だし、千葉機関区に留置すると、後入れ先出しというわけにはいかないからでしょうか。

ともかく、EF64-2139は無事に定位置に留置されました。

この日の撮影はこれで終了。

撮影にご一緒した方、暑くて湿気ムシムシの中、ほんとうにお疲れ様でした。